インクルーシブ

2016.09.23 Friday 23:47
0

    「inclusive」

    を辞書で調べると 「包括的な」
    とある。


    新しいことをするために知らないことを今日から勉強することになって本を読みネットで検索。


    「インクルーシブ教育」とは

    障害のある子供を含むすべての子どもに対して,子ども一人一人の教育的ニーズにあった適切な教育的支援を,「通常の学級において」行う教育のことだそうです。

    障害=特性

    特性=障害

    と考えると

    誰もが違う特性を持っているので、障害があるとかないとかではなく、全ての子供のためにある教育と言える。


    今日知ったことは「発達障害」という、外見では分からない障害がいっぱいあり、たくさん居るということだ。

    そして教育の世界では
    盲・聾児
    (小・中学校の義務化の翌年。昭和22年) 知的障害児
    発達障害児
    との間にそれぞれ30年の遅れをとりながら義務化や法施行が出来、特別支援教育が行われて来たということ。


    今日M氏からいただいた著書はまだ7、8ページしか読んでいない。
    小学校から今に至るまで目の前にあった、流れていった数え切れない景色が蘇って来る。

    BOBI

    category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

    狙う!

    2015.11.25 Wednesday 00:52
    0
      今夜はアキシンこと劇団EXILEの秋山真太郎と定期ミーティングという差し飲みをして知ったグッドニュース。
      彼がショートショート大賞の応援団となった。
      星新一が好きな自分にとってはこれは何かの縁。
      書きます!


      BK
      category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

      掲載されていました

      2011.05.27 Friday 01:12
      0
        昨日のフリークルーズが千葉日報に掲載されていたことを一緒に行ったアキから聞いた。


        ◎KAZUNARI◎


        即興演劇で患者激励  

        俳優の鈴木一成さんら 四街道の下志津病院

        2011年05月26日11時06分[県東エリア]

        入院患者や家族ら180人を前に即興演劇を披露する鈴木さんら劇団員=25日、四街道市鹿渡

         重い障害がある入院患者たちを演劇の力で励まそうと、俳優の鈴木一成さん(46)ら劇団「フリークルーズ」のメンバーが25日、四街道市鹿渡の国立病院機構下志津病院に隣接する体育館を会場に公演し、患者やその家族、医療スタッフら計約180人を軽快な即興演劇で楽しませた。

         同病院は筋ジストロフィー患者や重症心身障害児者療育の拠点病院。公演は入院患者の家族でつくる「青年学級」が企画した。

         鈴木さんは日本の即興演劇の第一者で、人気グループEXILEを演技指導したこともある。この日は主宰する劇団のメンバー2人と登場。来場者に好きな動物やスポーツなどを質問しながら演題を決めると、その場で考えた歌や踊りを交えた演技を披露した。



        category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

        最後はキメで!

        2011.05.25 Wednesday 22:55
        0


          本番を終えた。

          僕らが役に立てたのか?元気をあたえられたのか?理解してもらえたのか?

          たくさんの疑問は残る。

          今後の課題やヒントも見つかった。


          途中、これで大丈夫か?と自分達を疑うことモーメントが多々あった。

          しかし最後に「We are FREECRUZ!」で、みんながキメのポーズをしてくれたことで、良かったんだ!と思えた。


          思いがけない方向に進むのが人生。

          そう考えれば、今日は素敵な一日だった。


          今日のために動いてくれたヤベさんをはじめ保護者の方々、おつかれさまでした!

          一緒にキメのポーズ!



          ◎KAZUNARI◎
          category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

          四街道の空は晴れ渡っている

          2011.05.25 Wednesday 12:18
          0
            下志津病院に到着して子供達と会い、四街道特別支援学校の控え室でお弁当をいただいた。

            美味しそー!

            しかし、

            苦手な酢豚、シイタケも入っている!



            でも今日は子供達も大人の皆さんも頑張るので、僕なりの頑張りとして、



            酢豚、シイタケを完食しました。

            さあ、あと30分!

            頑張るぞー!

            ◎KAZUNARI◎

            category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

            忘れ物しないように前日にやっておこう!

            2011.05.25 Wednesday 00:33
            0
              今日も夜は稽古した。

              そして家に帰って準備。


              今回は13年前のフリークルーズ結成直前に作った歌が新しい振り付けでショーが始まります。

              その振り付けが昔のと混ざったりして間違えたりする。

              忘れないように今日も踊って歌いました。

              『FLY』

              詩・曲:BOBI KAZNARI (←最初こんな名前にしていた。理由はいつか機会があったら書きます)

              僕らは夢を追ったのさ

              遥かな階段登って

              小さな頃からあこがれた

              スポットライト待っていた

              いつでもみんなひとつだと

              汗を流したステージ

               

              誰もが夢を持っている

              晴れた日にも雨の日も

              心に閉まった宝箱

              勇気という名の鍵あけて

              つばさを広げて飛び出そう

              君の描いた空へ

               

              つばさを広げて飛び出そう

              君の描いた空へ

              君の描いた空へ


              __.JPG


              明日はどんな空か?

              ◎KAZUNARI◎

              category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

              出来ることを精一杯

              2011.05.17 Tuesday 23:50
              0
                今日は昼から夜まで来週25日の本番に向けてリハーサルをしました。

                以前に行った四街道の下志津病院でパフォーマンスをするんです。

                あのときはEXILEのサインを持って行くことで元気を与えて来たけど、今回は自分たちの即興です。

                集まる人は、筋ジストロフィーや重症心身障害児者と保護者、看護士、保育士、学校の先生、ボランティアのみなさん約70名位です。

                構成を考えるといろいろな検討事項が出てきます。

                フリークルーズはいつもお客さん参加型なのですが、言葉や手足が不自由だとこれは良くないかなあとか考えちゃいます。

                でも、そういうことを考えること自体が偏見ではないかと思うんです。

                どんな場所や時でも、僕らが自分たちとちょっとだけ違う人達と接したときに何を感じて、どう一緒にいることが素敵な時間になるのかを工夫できるかが大事だと思います。

                僕は即興だからこそそれが出来ると信じています。

                以前に自閉症児童であるミホちゃんとの二人芝居でそう感じたんです。

                人生にはマニュアルなんて無い。

                なので、自分たちらしく精一杯やるつもりです。



                一緒にやるメンバーのイチが今日の稽古後に宮城県南三陸にボランティアに行くので、彼が持って行く応援旗にコメントを書かせてもらいました。

                この前書いた“ヒーロー”の話じゃないですが、彼は多くのひとの“ヒーロー”であることは間違いないです。


                __.JPG


                いってらっしゃい!



                ◎KAZUNARI◎
                category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                千葉から夏の大きな風を受けて

                2009.08.14 Friday 01:24
                0
                  テレビを付けたら川平慈英さんが出ていてNY地下鉄の話をしていたので聞いていた。

                  次の話し手は持田香織さんで、筋ジストロフィーの話だった。

                  聞いていると、ELTの歌が好きで子供達が4人でバンドを組んで練習したので来て欲しいという手紙をもらった。
                  仕事が忙しくすぐには行けなかったがある日に訪れた。
                  その時に4人のうち1人は亡くなっていた。
                  彼らはみんな笑顔で歌ったらしい。
                  明日が必ずあるわけでは無いということを改めて考えさせられ歌を作ったそうです。

                  僕のところに先月訪れた千葉県佐倉の下志津病院のタカヒロ君と彼の担任から手紙が来た。
                  EXILEの色紙は額に入れられみんなが集まるプレイルームに飾られ、TAKAHIROのサインはタカヒロ君の部屋にあるそうです。

                  僕が行った日の二日後から24時間人工呼吸器を付ける生活になったそうです。

                  一緒に写真を撮ったり、話ししたり出来たことはラッキーでした。

                  タカヒロ君はEXILEのTAKAHIROへの手紙は書けたけど僕へ書く体力が無かったので先生が書いてくれました。

                  「BOBIさん、この間はありがとうございました。TAKAHIROのサインを大事にしています。応援しているのでBOBIさんも頑張ってください。僕も病気に負けないでがんばります」

                  ありがとう!

                  大きな力を受け、一歩を踏み出します。



                  ◎BOBI◎
                  category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(2) | -

                  ありがとう、EXILE!

                  2009.07.25 Saturday 17:43
                  0
                    昨日の話の続き。

                    講演会が終わってから学校と隣接している下志津病院へ立ち寄った。

                    そこには目的があった。

                    この病院には筋ジストロフィーの子供達が多く入院している。

                    この講演会が決まったときに主催者の松浦教諭に「せっかくだから寄ってみないですか?」と聞かれて「是非」と答えた。

                    松浦さんは3月の「いつもいっしょにコンサート」を行った人である。

                    彼が去年、こんのひとみさんに自閉症児童と二人でお芝居が出来る役者を探していると相談したところから始まり、出会い、公演を大成功させた。

                    その松浦さんが病院の子供達に「今度来てくれるボビさんってね、EXILEに演技を教えたことがあるんだよ」と言ったそうで子供達は大喜びをしたそうだ。

                    そう、彼らの病気は筋肉が切れてしまうと再生できないのでどんどん身体を動かすことを制限されていくので、歌って踊るEXILEは憧れであって本当のスターなのだ。

                    病院にはEXILEファンがたくさんいるらしく、中でもタカヒロ君という子は今年4月に死にそうなくらい危なかったらしく、まともに言葉も喋れず、ただ寝て管を巻かれていたらしい。

                    その時に松浦さんが、「タカヒロ、いつの日か必ず大好きなEXILEに会えるから頑張れ!」といつも彼を励ましていたそうだ。

                    彼はEXILEメンバーに自分と同じ名前のTAKAHIROがいることをひどく気に入ってたらしい。

                    その話を知った僕はEXILEのMATSUに、彼とMAKIDAIとAKIRAからメールでいいんで何かコメントをもらえないかとメールで尋ねた。

                    この3人には以前インプロを教えたことがあり、とても感性が豊かで、センスが良かった。

                    MATSUから戻ってきた返事は、「大丈夫です。色紙で送りましょうか?」

                    当日、12時7分に四街道駅に着き、松浦さんが迎えに来ていたので、「EXILEから届いてます?」

                    「今、学校出る前に届きました!」

                    学校に着き梱包を開けてみると、なんと色紙が2つ!

                    「下志津病院のみなさんへ」と書かれたEXILEメンバー全員の色紙と、タカヒロ君へのTAKAHIRO氏からの色紙が入っていたのだ!!

                    MATSUに取り急ぎのお礼メールを打って僕は講演を行った。

                    講演の最後にも今回の嬉しいニュースを会場の方々に伝えると、みなさんが喜んでいた。

                    終わってから色紙を持って各病室へ回った。

                    行ってみると、EXILEのCDが目に付いた。

                    彼らの筋肉は弱いのでちゃんと手に力が入らないが、僕が色紙を彼らの手に触れさせ、「EXILEのみんながこの色紙を触ったんだよ」と言うと、もの凄く喜んでいた。

                    松浦さんが病院を出てから「これでまた彼らの命が繋がります」と言った。

                    EXILEのみなさん、本当に本当にありがとう!!

                    MATSU、感謝します。


                    大宮君(右)と榎本君


                    かれんちゃん


                    タカヒロ君

                    ◎BOBI◎


                    category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(6) | -

                    ワークショップ@四街道

                    2009.07.24 Friday 17:45
                    0

                      50名位の講演&ワークショップもあっという間に終わった。

                      まずは3月の「いつもいっしょに」の公演や自分が感じいるコミュニケーションの話を30分して、その後ワークショップ。

                      みなさん元気で表現豊かで僕も楽しかった。

                      これは「F1カー」

                      笑顔が素敵な大人達、いろいろ教育問題はあるけど、頑張っている人達がたくさんいます!

                      ◎BOBI◎


                      category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • いつからでも発見、スタート
                        BOBI
                      • いつからでも発見、スタート
                        石毛
                      • 初日開きました!
                        BOBI
                      • 初日開きました!
                        なるこ
                      • ライフ・ラザフォーズ
                        カズ
                      • ライフ・ラザフォーズ
                        カトチャン
                      • 『天泣に散りゆく』
                        BOBI
                      • 『天泣に散りゆく』
                        イチ
                      • Where
                        井村健司
                      • 一日早く直巳に
                        井村健司
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM