『班女』

2017.09.30 Saturday 19:55
0
    前に形而上学的主題とこの『近代能楽集』を読み始めたときに記したと思うが、少しずつその哲学的な考えが心地よくなってきた。


    美しい芸者を好きになった一人の男と一人の女。

    芸者とまた再会を誓った男、来ない男を待ち続けるうちに狂う芸者、そんな彼女を落籍し一緒に住み始めた女。

    年月が経って狂った芸者の元に男が来るのだが…

    恋という心が、自分自身の身体から分離してしまったというのだろうか。

    いつのまにか相手ではなく恋している自分に酔うってことあるしね。

    実に興味深い。


    班女とは中国、漢の女官だそうで、帝から寵愛を失った悲しい女性のようです。

    BOBI
    category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

    『葵上』

    2017.09.21 Thursday 22:52
    0
      評価:
      ---
      ---
      ---
      ()

      JUGEMテーマ:読書

       

      舞台化してみたい。

       

      今まで読んだ『近代能楽集』に収められた作品は皆そう思えたが、この作品は特に感じた。

       

      病室で妻の見舞いに来る亭主と看護婦の会話から始まるが、そこから怪しげな空気感が漂う。

       

      他の作品も言葉が本当に惚れ惚れで、より舞台でその文字を立てみたい。

       

      「女は血を流し、死に、また何度も生きかえる。そこではいつも、生きる前に一度死ななければならないんです。戦う男も女も、その武器の上に黒い喪章を飾っています」

       

      「夜というのは、みんなが仲好くなる時なのよ。昼間は日向と影が戦っている。ところが夜になると、家の中の夜と、家の外の夜とは手を握っているの」

       

      他にもいっぱい好きな言葉がある。

       

      また、転換のシーンがいい。

       

      ヨットの帆を使って現在と過去を表すという、舞台上でそのセットがあったら面白い。

       

      あと、ト書きの中で「不思議な音楽」というのが、どんな曲を流せばいいのかって楽しみ。

       

      いつか…

       

       

      BOBI

       

       

      category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

      『綾の鼓』

      2017.09.13 Wednesday 13:42
      0

        JUGEMテーマ:読書

         

        演能で四番目物。

        江戸初期に確立された正式な能の形式は五番立てというそうで、この四番目物とは「雑能物」とも言われ、物狂物・現在物・執念物とも分類されるそうだ。

         

        法律事務所で働く老小使の岩吉が、向かいの建物の洋裁店に現れる美しい客に恋心を寄せる。

        何度となく恋文を事務所の女事務員をから洋裁店のマダムに渡しているが、マダムは一度もその客、華子に渡したことがない。

        洋裁店の常連客がそれを知って意地悪をする。

        肝臓の皮の代わりに綾を張った偽の、音の出ない鼓を渡して、音が出たら接吻をしてあげましょうと。

        いくら打っても音は鳴らない。

        弄ばれたと失望して、窓から飛び降りる。

        生きている時に一言も話すことがなかったのに、亡霊となって対面する。

         

        信長で有名な「敦盛」にもあるが、生きているあいだが幻という。

        亡霊となって憧れていた華子と話すことが出来るのだか、同時に知りたくなかった彼女の本性を知ってしまう。

         

        夢は生きているからこそ夢なのだなぁ。

         

        BOBI

        category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

        『邯鄲』

        2017.09.12 Tuesday 16:42
        0

          JUGEMテーマ:読書

          夢というものは時として現実を生きるために導いてくれる。

          出世を望んで邯鄲に来た青年は、栄華が思いのままになるという枕を道士から借りて仮寝をし、栄枯盛衰の五〇年の人生を夢に見たが、覚めればほんの束の間だったという『邯鄲の枕』という中国のお話がもとになっている三島由紀夫、近代能楽集から。

          次郎が十年ぶりに家に帰って来ると、昔世話をしてくれた菊という女性と再会する。

          さらに昔に住んでいた、焼けてなくなった自分の部屋の折り紙細工が現れる。

          菊の元旦那が銀座でチャップリンのサンドウィッチマンから聞いた「枕」を菊が持っているということで横になり、人生の夢を見始める。

          今までにその枕で寝た者は起きるとすべてのものが馬鹿馬鹿しくなり、菊の前をから去って行ってしまうという。

          サンドウィッチマンも実は菊の元亭主だった。

          女、金、名誉、それらの夢を見て目を覚ました次郎は…

          何かを手に入れるために生きるのではなく、今生きていくことで大切なものと出会って行くのだなぁ。

          BOBI

          category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

          『卒塔婆小町』

          2017.09.08 Friday 23:58
          0

            JUGEMテーマ:読書



            初めて形而上学的主題という言葉を見た時はなんぞやと思い、今でもあまりよく分かっていない。

            精神や世界、霊魂などと形のない感覚的経験を超えた学問ということだそうだ。

            それがこのお話を読んで理解し始めた。

            三島由紀夫の戯曲『近代能楽集』に収められた一編。

            公園の一角で老婆と詩人が織りなす問答から百年の時が遡る。

            愛し合っている若い者たちを尊敬する詩人に対して、彼らは死んでいると言う老婆。

            この始まりから惹きつけられた。

            物事は捉え方、解釈の仕方で形を変えていく。

            BOBI

            category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

            『役者は一日にしてならず』

            2017.08.30 Wednesday 16:18
            0

              JUGEMテーマ:読書


              ローマは一日にして成らず。

              どんな世界でも経験を重ねていかなければ一流になれないが、役者というものはどれだけの時間がかかるのだろうか。

              平幹二朗、千葉真一、夏八木勲、中村敦夫、林与一、近藤正臣、松方弘樹、前田吟、平泉成、杉良太郎、蟹江敬三、綿引勝彦、伊吹吾郎、田村亮、風間杜夫、草刈正雄、と名優16人のインタビュー本である。

              それぞれの役者になったきっかけ、芝居への想い、演技に対する考え方など、貴重かつ勉強になる内容である。

              意外にも役者になろうとしなかった人が多いのには驚いた。

              先日読んだ浅田次郎の『活動寫眞の女』では京都の映画世界を垣間見ることができた。

              主人公が全盛期である映画のエキストラをやることは良いギャラをもらえるということから、食っていくためにという目的で役者をしていたのちの名優が生まれるのも時代だったのだろう。

              映画からテレビという時代、こんな中にいたら自分は役者を目指したいだろうか、やったとしても続けただろうか、続けられただろうか。


              この本に出てくる映画を観るのが楽しみだ。

              唯一何度か共演し映画の話をしていただいた蟹江敬三さんの作品から観ようと思い、選んだのは『犯す!』というロマンポルノ。

              これは監督が長谷部安春さんで、僕が蟹江さんと共演した土曜ワイドの監督である。

              蟹江さんも長谷部さんも亡くなったので、若い頃の作品は興味がある。

              しかし、TSUTAYAになかったので何かで探したい。


              役者が人とすれば、皆自分の個性、生き方様々で、戻ることがない道を必死に歩いているのだろう。

              演じながら。


              BOBI
              category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

              『活動寫眞の女』

              2017.08.19 Saturday 16:21
              0

                JUGEMテーマ:読書

                 

                映画好きには二倍楽しめる作品であろう。

                 

                僕は京都も好きだから三倍楽しめた。

                 

                前に買ってあったのを最近読み始めたら、映画のことがかなり含まれている内容なのでどんどん読み進んで行った。

                 

                時は学生運動の頃で、東大の入試が中止されたことで京大に入った青年が、映画館で出会った地元の京大男子と、下宿先で隣室になる京大の先輩女子、そして美しい女優それも亡霊というお話。

                 

                ファンタジーでありラブストーリーな青春物語だが、どう展開していくのか、謎を知りたいとページをめくって行く。

                 

                おまけに日本映画の歴史や背景、マキノ省三から山中貞雄、溝口健二と巨匠たちのことなど情報がそのスピードを増して行く。

                 

                この作品に出てくる映画を一つずつ観ていきたい。

                 

                浅田次郎氏は相当映画好きなんだろうなぁ。

                 

                出会えて嬉しかった本でした。

                 

                BOBI

                category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                『食べる』

                2017.08.06 Sunday 23:02
                0

                  JUGEMテーマ:読書

                   

                  女性の作者が世界を旅して食事をする。

                   

                  その食事はその土地にしかないものであり、現地人の文化や考えを知ることとなる。

                   

                  旅は本当にいい、というより旅無くして人生は有り得ないと感じる。

                   

                  自分の旅はまだ世界的に知れているところだが、作者の訪れた場所は行ってみた人間にしか分からない。

                   

                  旅は一人だ。

                   

                  最近は旅していないなあ。

                   

                  BOBI

                  category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                  『わたくしが旅から学んだこと』兼高かおる著

                  2017.07.01 Saturday 21:51
                  0

                    JUGEMテーマ:読書

                     

                    こんなに世界の綺麗なところから秘境のようなところまで回り、多くの著名人から現地の人たちと出会った日本人はまずいないのではないだろうか。

                     

                    1959年から1990年まで31年間続いたテレビ番組『兼高かおる世界の旅』で、ナレーター、レポーター、ディレクターと何役も務め、取材した国は約150か国にものぼるそうで、1971年初の南極点到達の女性で北極点ものちに到達している。

                     

                    男に生まれていたら植村直己のような偉大な冒険家になっていたであろう。

                     

                    旅は人間を豊かにしてくれる。

                     

                    決して遠くでなくても、知らない土地に出かけ、人や自然と出会うことが大切だよなあ、と最近旅していない自分。

                     

                    また即興の旅に出るか!

                     

                    BOBI

                    category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                    『一日江戸人』

                    2017.06.11 Sunday 23:26
                    0

                      JUGEMテーマ:読書

                       

                      今の日本人いや東京人のルーツ、江戸人。

                       

                      いろんな風習や流行りってものがどの時代にもあるんだなあ。

                       

                      昔NHKでやっていた伊東四朗などが出演の『コメディーお江戸でござる』で江戸の町人文化を紹介していた杉浦日向子がこの本で詳しく当時の江戸人を教えてくれる。

                       

                      職業やファッション、遊びや食べ物、言葉やセンス、粋なものなどと現代と比べながら読んでいくと面白い。

                       

                      個人的には銭湯のことは楽しかった。

                       

                      前を見ていたい自分だが、こういうルーツを知れたりするのは、進むためにも良いことだ。

                       

                      BOBI

                      category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                      Calender
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • ミッキーさん
                        一成
                      • ミッキーさん
                        ゆうじ
                      • いつからでも発見、スタート
                        BOBI
                      • いつからでも発見、スタート
                        石毛
                      • 初日開きました!
                        BOBI
                      • 初日開きました!
                        なるこ
                      • ライフ・ラザフォーズ
                        カズ
                      • ライフ・ラザフォーズ
                        カトチャン
                      • 『天泣に散りゆく』
                        BOBI
                      • 『天泣に散りゆく』
                        イチ
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM