見てみないと分からない。

2019.09.12 Thursday 20:46
0
    千葉南房総へサーフィン。

    あちらこちらで被害にあっている。



    信号も点灯していないところもある。



    ガソリンスタンドは大渋滞。

    どれだけ大変なのかは目で見て初めてわかる。

    東日本大地震のときもそうだった。

    自分の目で見ることで実感する。

    その惨状を作った台風15号の影響で風が強く波も良くないコンディションだった。

    1R終えて、2R目はやめて帰ってきた。

    自然は本当に尊いものだ。

    BOBI
    category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

    ネットショッピング

    2019.09.11 Wednesday 22:23
    0
      気をつけないといけない。

      買い物が便利になったが、手に取らないというスタイルは間違いを起こす。

      起こした。


      5冊ほどネットショッピングで購入した。

      割引もあり、ポイントもついて、本屋で買うよりお得だった。

      そして、対応も早く今日、届いた。

      本当に便利になった。

      箱を開けてみると、ある本が2冊入っていた。

      間違いで入ってきたかと思うと、納品書に2冊になっている。

      注文履歴をショッピングのサイトで調べるとやはり2冊。

      自分のミスだった。

      重複の購入で返品は認められなかったので、考えた挙句、買取ショップへ。

      1,400円した1ページも開いていない新品の本が買取価格200円。

      手にとって買い物していたら絶対に起きない失敗でした。

      みなさんも気をつけてください。

      BOBI
      category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

      台風15号

      2019.09.10 Tuesday 20:50
      0


        これが何か分かるだろうか。

        木の根っこだ。



        大木も台風の力で倒れた。


        過ぎ去った後は36.2度という東京で今年一番の気温を残した。


        今日、千葉県八街市の情報を電話で聞いた。

        停電や崩壊など復旧の見通しがつかないらしく、明日の月一の知的障害者支援センターのワークショップは中止となった。


        自然は恐ろしい。

        そして恵みも与えてくれる。

        無言で地球の危機を主張しているのではないだろうか。

        BOBI
        category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

        『さよなら、そしてこんにちは』

        2019.09.09 Monday 19:24
        0

          JUGEMテーマ:読書

           

          お世話になっている方にいただいた短編集を読了。

           

          仕事小説とも言われるように描写が見事でどんなことをするのかがよく分かる。

           

          派手だったり、特殊だったりという主人公ではなく、身近な人の日常的な生活を切り取っているから親近感が湧きやすい。

           

          良く調べて書いたのだろうと感心する。

           

           

          舞台も映画も、作られるものはあまりにも現実性がありすぎることのハンデというものがあるんだなあと気づかせてくれた。

           

          フィクションとノンフィクション。

           

          読み手がいるということは、何かしら手を加えないとならないのだろう。

           

           

          A氏に感謝。

           

          BOBI

           

           

           

           

          category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

          気をつけて

          2019.09.08 Sunday 23:00
          0


            半日前はこんな夏空だったのに、今は強力な台風を待ち受けて荒れた天気。

            電車も早々と終電を終えたので、帰る人たちがタクシーに並ぶ。

            風速60メートルって凄い力だ。

            皆さん気をつけて帰ってください。

            被害が少ないことを祈ります。

            BOBI
            category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

            これは分かりやすい

            2019.09.07 Saturday 23:40
            0
              世の中のことをもっと知りたいと買ってみた。



              一ヶ月分の各新聞のニュースをまとめている。

              解説もしているので理解しやすい。

              一番勉強しなかった社会という科目を今こうして学ぶとは思わなかった。

              パッと一つの答えに行き着く数学とかが好きだった。

              世の中は多種多様な人間の集まり。

              答えはその分ある。

              いかにしてそれらが地球という一つの答えの中で共に生きていくのか。

              人間だけでなく全ての生き物すべてに与えられた問題だ。

              現在発見されている125万種、それ以外500万とも1,000万ともいえる生物は平等に生きる権利を与えられている。

              人間が一番だと思っている人間が一番愚かな生き物だ。



              さて、『新聞ダイジェスト』の「今月の気になるニュース」にBSL(バイオセーフティーレベル )4の記事があった。

              私は初めて知ったことだが、BSL4施設とはウイルスや細菌を扱う実験施設。



              2010年に公開された映画『名探偵コナン 天空の難破船』で、早速現れる。

              その時点で子供は知ったかもしれない。


              亡くなったロビン・ウィリアムズ主演の素晴らしい『いまを生きる』という映画がある。

              アメリカで観たので細かい内容は忘れてしまっているが、学生が教科書に縛られていることに抵抗を持った教師の物語だ。

              生徒を机の上に立たせて、周りを見させるシーンは印象的だ。

              これは世の中を一つの見方で見るな、ということである。


              「今」は絶えず変化する。

              「今」を知るために日々勉強。

              BOBI
              category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

              夏カムバック

              2019.09.06 Friday 16:27
              0
                今日は暑い。

                しかし昨日も暑かった千葉の海。



                今年裸でサーフィンは二度目だが、先月は水が想像以上に冷たく一時間入ってウエットスーツを着た。

                昨日は夕方でも日が暮れるまで寒さを感じず、裸の開放感で楽しめた。




                時間はさらに戻って昨日の朝。

                一番の年下のSはみんなにおにぎりを作ってきてくれた。



                和食調理の仕事をしている。



                具も多く、旨かった。

                そんなはじまりからの真夏日サーフィンは楽しく終えた。

                やっぱり太陽の下が一番。

                来週も暖かいといい。

                台風15号が接近してきているが各地に被害が無いことを祈る。

                BOBI
                category:サーフィン | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』

                2019.09.05 Thursday 00:36
                0

                   

                  タランティーノの最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観たいが、その前に観れなくなってしまう本作品を鑑賞。

                   

                  どちらもロマン・ポランスキーの二度目の結婚相手である人気女優シャロン・テートが八ヶ月の赤ちゃんを身ごもったまま、カルト教のマンソンファミリーに殺害された1969年の事件を扱っている。

                   

                   

                  この作品は最初からずっと緊張感が体を縛り付けた。

                   

                  そんな体験は今までに無い。

                   

                  こういったホラー的な作品は恐怖を感じさせるために緩急をつけてくる。

                   

                  楽しそうな、または穏やかなシーンを持って来てからのドキッとさせるやり方。

                   

                  これはそんなシーンがないまま進む。

                   

                  音というものも効果的に作用している。

                   

                  それと、こちらがはっとさせようとしているんだろうと思って画を見ているので、登場人物がフレームアウトしてもカメラが写していると何かゾッとさせるカットが入るんだろうって考える。

                   

                  しかし、それが来ない。

                   

                  なんとも気持ちの休まるところがない。

                   

                  それが最後まで気持ちが途切れることなく良かった。

                   

                  終わった後も自分の中で咀嚼に時間を要しながらクレジットロールを見ている。

                   

                  こういうことだろうと自分なりに落とそうとしてもスッキリしない。

                   

                  この辺りが批評家たちが点数を低くつけるところなのだろうか。

                   

                  しかし、映画なんて自分で楽しむものだから自分なりに良ければそれは良質作品。

                   

                  ダニエル・ファランズ監督は『十三日の金曜日』シリーズや『悪魔の棲む家』などの経験でサスペンス&スリルで見事な力を発揮していると言えよう。

                   

                   

                  ポランスキー監督の代表作である『ローズマリーの赤ちゃん』はこの事件の前年に作られた。

                   

                  悪魔の子供を身籠もるという話は、何かを予言していたのだろうか。

                   

                   

                  今回はシャロン・テート没後50周年ということでヒューマントラスト渋谷で9月5日までの一週間限定公開。

                   

                  この後は大阪と名古屋で上映予定だそうです。

                   

                  BOBI

                  category:- | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                  湯は幸せにする

                  2019.09.04 Wednesday 22:39
                  0
                    少し涼しくなったけど、ひとっ風呂浴びたくなった。

                    やっぱり気持ちいいね。

                    創作のアイデアも生まれて感謝。

                    アイデアって湧き出るものなんだよね。

                    湧き出そうとしちゃダメなんだ。

                    欲を張らず、ただ湯に浸かってリラックスする。

                    そんな余裕の中、ふと頭の中に佇んでることが浮かんでくる。

                    それについてちょっと考えてみる。

                    ぽこ。

                    湯船の泡のように突如浮かんでくる。

                    そのものから離れているところで見えてくる。




                    ロビーで靴下を履いていると目に留まったポスター。

                    健康状態、幸福度、笑う頻度、どれも銭湯に行く人が優ってる。

                    まあ、いまさらってことだけどね。

                    銭湯は最高なんです。

                    身も心も、そして脳にも。

                    BOBI
                    category:風呂 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                    こんな日だからこそ

                    2019.09.03 Tuesday 22:00
                    0
                      曇って涼しくなったかなと朝、家を出たらじっとりとした熱気で、ああ残暑ってものがあったことを疎ましく思った。

                      そんな中で見つけた爽やかな青薄紫達。



                      快晴の下で見てもこの心地良さは味わえなかった。

                      表裏一体、どちらもあっての日々。


                      今日は集中豪雨のところもあり、先日の佐賀など、被害に遭われた方を気の毒に思います。

                      自然の厳しさと恵み。

                      これも表裏一体。

                      BOBI
                      category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                      Calender
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM