『猫を棄てる』

2020.06.02 Tuesday 00:44
0

    JUGEMテーマ:読書

     

     

    知った時のタイトルで即オーダー。

     

    猫の話かと思ったのが強いのが、著者の父の話だった。

     

    それによって、村上春樹氏と自分、尊父と我が父、重なり合わせて読んでいった。

     

    自分の両親について本当に知らない。

     

    一緒に過ごした時間で記憶に残っていることだけだ。

     

    青春時代のこと、初めてお互いが出会った時のこと、結婚で感じたこと、二人の人生の90%以上知らないのではないか。

     

    甘え続け、文句を垂れ流し、何も返せず。

     

     

    村上氏も我々一人のことを「雨粒の、名もなき一滴」と表現している。

     

    先日読んだ五木寛之氏の「大河の一滴」

     

     

    この一滴、残された日々をどう生きてゆくべきか。

     

    BOBI

    category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM