『新ハムレット』

2019.12.31 Tuesday 10:45
0

    JUGEMテーマ:読書


    「こんな小説も、私は読みたい。」と書かれた『古典風』からはじまり、太宰治三十歳からの中期の作品が5編収められている。

     

    今まで読んできた太宰作品、全てを読んではいないが、とはかなり違った作風のものばかりで、興味深く読んだ。

     

    『女の決闘』『乞食学生』と3作品読んだところで『新ハムレット』のページを開いたら、「此の機会に、もういちど沙翁(シェイクスピア)の『ハムレット」を読み返し、此の『新ハムレット』と比較してみると、なお、面白い発見をするかもしれない。」と書いてあったので、ちょうど家の本棚に並んでいた文庫を取り出し読んだのが先日のことだ。

     

    面白い発見だらけだった。

     

    作者が書いてあるとおり、「過去のある時代における、一群の青年の、典型を書いた、とは言えるかも知れない。」というように、主人公ハムレット王子の心理状態が今の青年にも当てはまるような、繊細で真っ直ぐな感情と未知なる未来ゆえに感じる恐れを描いている。

     

    登場人物の結末は、本質的終焉の形はほぼ同じだが、その状況や死に方は違っている。

     

    もちろん有名なあの台詞はあります、それも、英語で。

     

    人は自分の内にある真の心と外にあるものへの協調で悩みながら行動し、一喜一憂の毎日を過ごしていくのであろう、若き時代から、世に慣れて、どこか諦めたり妥協することでの楽な自分に目をつぶる大人へと変わっていく、そんな人々は多いのではないだろうか。

     

    人生は誰のためにあるのか。

     

    自分のためだと思う。

     

    人生は楽しむためにある。

     

    だから苦しいのだ。

     

     

    最後の作品が4ページで終わる『待つ』という小さくして大きな作品です。

     

    人は何を待ち続けているのか、と考えさせられる。

     

    『新ハムレット』読了後で此の作品が続くというのは、何とも絶妙な収録の仕方である。

     

     

    欲望は単純で分かりやすいが、隣り合わせ、裏側と言おうか、にあるものは様々なものが複雑に絡み合い、怖れに包まれている。

     

    それは天から降ってくるものではなく、自分の中から生み出されるものだから、不思議な生き物だとあらためて思う。

     

    繰り返すが、だから、楽しみは自分で作るものだ。

     

    来年もいっぱい作ろう。

     

    BOBI

    category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM