『ハムレット』

2019.12.24 Tuesday 22:16
0
    評価:
    ウィリアム シェイクスピア
    新潮社
    ¥ 506
    (1967-09-27)

    JUGEMテーマ:読書

     

    なぜ今読むのかというと、太宰治の『新ハムレット』を読むのに、元の作品を読んでおくべきと知ったからである。

     

    家の本棚に長い間じっと収まっていたのが、今回大きく深呼吸した。

     

    内容はほとんど覚えていなかった。

     

     

    ハムレットはデンマーク王子で、王だった父が亡くなり、その弟、ハムレットの叔父が王になった。

     

    父の亡霊が現れ、弟に殺されたと知らされたハムレットが復讐に動き、悲劇が始まる。

     

     

    「生きるべきか、死ぬべきか」をはじめとして、多くの名台詞が込められていると言われているが、実際に読んでみると確かにそうである。

     

    じっくりと、スローリーディングすると、的を得た、感心させられる言葉に何度となく出会う。

     

     

    今回は太宰を読むためだが、終えた後にもう一度読んでみたくなるのだろう。

     

     

    今日はクリスマス・イブ。

     

    この作品のような悲劇が起きない楽しい家族が、窓を暖かい空気で曇らせる風景にあふれますように。

     

    BOBI

     

     

    category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM