『調べる技術 書く技術』

2019.08.30 Friday 12:16
0

    JUGEMテーマ:読書

     

     

    世界情勢のことは、池上彰氏と、この著者である佐藤優氏が勉強になる。

     

    池上氏は表、佐藤氏は裏、という勝手なイメージを感じる。

     

    二人ともものすごい数の本を書き、メディア出演や講演、授業などの合間にものすごい仕事をこなしている。

     

    そんな人がどうやって「インプット」と「アウトプット」をしているかが興味あった。

     

    この本でも、先日読んだ『おとなの教養』と同じで、「教養力」をつけることを勧めている。

     

    すごい速さで日々変化していく現代は、自分で考えて対応できる人間でいることであり、そのために教養を身につけていくことだと強く感じる。

     

    ネットニュースは第三者の校閲が入らないし、クリックされてお金を稼ごうということから書いてあることも含め、真実性にかける場合があるので見ない方がいいというのはなるほどと思った。

     

    ITに関して言えば、有限である時間の中で知的生産を高めるために本当に知りたい情報でもないものが流れるSNSはやらないほうがいいという考え方も同感だ。

     

    メッセージツールもうまく使用していかないと日本語の表現力の低下や時間の浪費にもつながる点も納得する。

     

    お金をインプットにどう使っていくのか、心の栄養をいかに摂取していくのか、など普段何気なく行なっていることをあらためて考えさせられる。

     

    一月にコラムや連載の締め切りを90も抱え、500冊の本に目を通すという佐藤氏とはいかないが、これだけ氾濫する情報の世の中になったが、一日二十四時間というのは変わらないので、有効なインプットとアウトプットを意識していきたい。

     

    昨日新しい辞書も届いたし、調べる楽しさが増えた。

     

     

    先日買った4冊はこれで読み終えた。

     

    本屋に行くのが楽しみだ。

     

    BOBI

     

    category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM