川島雄三

2019.07.18 Thursday 19:19
0

    JUGEMテーマ:読書

     

    2012年12月17日に観て最高傑作とこのブログに書いた『幕末太陽傳』の監督は藤本義一の師匠でもあることを知った。

     

    今村昌平監督は助監督についた川島雄三氏の弟子の一人だが、作家である藤本氏もそうだとは。

     

    どうしてそういう関係になったのかは、本当に運命ってちょっとしたボタンの掛け合いなのだろうと『生きいそぎの記』を読んで感じた。

     

    45歳で亡くなる監督に死んだら監督の小説を書きますと言って10年後に書いた。

     

    藤本氏が監督と過ごした24から27歳の四年間がどれだけ濃密な時間で、氏に影響を与えたのかが分かる。

     

    この作品集には最後に『下北半島・川島雄三映画祭』で藤本氏が講演した内容も載っていて、『生きいそぎの記』の解説のように読めて興味深い。

     

    「活動屋」と呼ばれる人たちがどれだけ熱気に溢れ生という力が漲っていたかが想像できる。

     

     

    川島監督に藤本脚本の映画『貸間あり』を観たいとTSUTAYAを調べたが在庫が無かった。

     

    探して観て観たい。

     

    BOBI

    category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM