学びは生まれるもの

2019.05.16 Thursday 20:56
0
    生徒は自分で勝手に学習する。


    今日はペアになって物になるトレーニングをした。

    「フォークとナイフ」と言ったら一人がフォークを身体で表現し、もう一人がナイフと成る。

    大事なことは、喋らないこと。

    それによってどっちが何をやるかと相談出来ない。

    「受け入れる」ということなのだ。

    喋って伝えるよりも体感する方が早くて理解してもらえる。

    いくつかお題を出し彼らが相手を見ながら物になっていった。


    形、やり方は様々だが、その二人なりに出来上がっていた。


    授業最後のみんなのコメントから出てくる「受け入れる」、「相手を察する」、といった言葉は感じて発している真の言葉だ。

    掴んだ者、掴みそうな者、未だの者、色々いるのも自然なこと。

    だから続ける、勉強というものを。

    教えるということも。

    BOBI
    category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM