堺屋太一氏死去

2019.02.11 Monday 20:05
0

    JUGEMテーマ:読書

     

    アメリカ3年の生活の最後に働いた出版業界の時に堺屋氏と会ったのが最初で最後。

     

    『鬼と人と』という信長と光秀、二人の独白が交互に語られる形式の小説が1989年12月に刊行され、1991年にニューヨークでお会いし、サインも書いていただいた。

     

    引越しの繰り返す中で無くなってしまい今手元にない、すいません。

     

    あれから30年経とうとしている、一昨々日、83歳でこの世を去った。

     

     

    上述の小説になるが、信長の考えと光秀の思いが徐々にずれていくのが興味深く、どんどんページを捲っていった。

     

    殿と家来という主従関係だが、親と子ということも従わなければならない環境である。

     

    最近におきた心愛ちゃんの事件は本当に悲しく、憤る、やるせない出来事であり、死という結果なため世に出ることになったが、虐待を受けている子供はもの凄い数になるのであろう。

     

    勇気を出してSOSを出したのに報われなかった、最悪の結末。

     

    児童相談所の建設で文句を言っている自分たちのことだけ考える港区青山の大人達に今回の事件は影響を与えているのだろうか。

     

    教育していく立場の大人が一番教育が必要。

     

    そんな世の中で、優れた大人、堺屋太一氏の死去。

     

    ご冥福をお祈りいたします。

     

    BOBI

     

     

     

     

    category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM