『母』

2018.08.29 Wednesday 11:19
0
    『父』の次に読んだ、太宰治作品。 知り合いの旅館に泊まった時の話で、母の登場はない。 戦後、復員した青年が家に帰る前に寄り道をするのだが、母は息子の安全な帰りを待っている。 金八先生が「親」という字、これは木の上に立って見守っている、という意味です、と言っていたことを思い出した。 女という生き物の中に聖母が存在しているということを発見する。 BOBI
    category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM