『カメラを止めるな』

2018.08.25 Saturday 00:08
0

    JUGEMテーマ:映画



    ちょっと映画界で話題になったときに観に行こうとしているうちに世の中の話題になってしまい、今から観ようと調べると残席無しになっていたりして、裁判だとかさらにマスコミに取り上げられてきたので、これは一日も早く行っておこうと昨日初めてTOHOのvitっていう自動発券システムで予約し、上映時間に今日一日を全てといってはなんだが合わせてトラブルなど起きて1,800円を無駄にしないよう努めた結果、無事に席に着いてこれから始まる96分の鑑賞体制に入り、幕が上がり、最初のヒロインの視線でこの映画の構造が予測出来て、そういうことかと思いながらメイン部分を観ていったら特別に新しい面白さではなく、あそこはこういう状況だったのかと確認していく、言わばマジックのようなもので「種明かし映画」と表現してみて、三谷幸喜作品のラジオ生放送の裏舞台を描いた『ラジオの時間』と、ホテルのトラブルを回避していく『有頂天ホテル』、112分ワンカットのドラマ『short cut』がいかに大変な撮影準備と現場だったのだろうかとあらためて敬意を払いながら、つまり、この作品も王道のコメディであると同時にいかに上田慎一郎監督が映画に対して愛があるかを感じ、沢山の映画を観ていない人がもっと国内外問わず作品を観て映画の奥深さと可能性を感じてくれれば良いなあと話題になった本作品の意義はとても大きいと思うし、大きくなってしまった盗作、いや盗作じゃない、原案、いや原作、といった問題発端の劇団PEACEとのことを少し横に逸れて考えると、舞台は、特に小劇団の公演などは多くの人に知られる前に終わってしまいそのアイデアやお話はその場で消えてしまうので、この作品に対してではなく、どうやってその著作権というかオリジナルの権利みたいなものを守っていけるかは音楽や映画と同様これからの課題でもあるだろう、など色々と考えさせられながら、ストーリーの底辺には家族愛があるところなどしっかりエンターテイメントとして成り立っていて、自分の映画制作に刺激をもらえたことに感謝するというのが本音であり、負けず嫌いとしてはこの感想を「文字を止めるな」にしてみたことに表れているのだ。

     

    BOBI

    category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM