『草枕』

2018.08.04 Saturday 22:10
0

    JUGEMテーマ:読書

     

    これほどまでに辞書を引いた本があるだろうか。

     

    そして沢山考えさせられた。

     

    まさに言葉の文学だ。

     

    デビューした『吾輩は猫である』を脱稿して一ヶ月も経つ前に完成しているから凄い。

     

    絵描きが訪れた温泉旅館で出逢う女性が気になる話。

     

    「非人情」をテーマにしており、「不人情」とは違う。

     

    漱石が「余裕派」と言われることが理解できた気がする。

     

     

    「猫」もそうだけど、読んでいるうちは辞書調べたりしてなかなか前に進まないなあと思っているのだが、読み終えると最初からまた読みたくなるから不思議だ。

     

    漱石作品は自分に合っているのだろう。

     

    BOBI

     

     

     

    評価:
    夏目 漱石
    新潮社
    ¥ 464
    (2005-09)

    category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM