『ラスト・ワルツ』

2018.04.28 Saturday 21:10
0


    マーティン・スコセッシ監督のドキュメンタリーが40年の歳月を経てデジタル・リマスターで蘇る。

    「THE BAND」は有名なロックバンドと名前は知っていたが、パッと曲が出るということではない程度の認識だ。

    音楽は本当に生きているという実感を自分に生み出させてくれる。

    自由である。

    型なんてなく、無限の可能性がある。

    そして個の自由が集合体として奏でる世界は美しく力強い。


    結局、知っている曲は1つもなかった。

    それは沢山の曲を知ったということ。

    ボブ・ディラン、エリック・クランプトンをはじめ偉大なアーティストが見れるのも嬉しい。

    そして、40年前のスコセッシ監督が現れることがファンとしてはたまらない。

    『タクシー・ドライバー』の2年後、『レイジング・ブル』の2年前の作品である。

    隆盛期にこういうドキュメンタリーを撮っていたというのが監督のリアリティがある作風を納得させる。


    冒頭に、この映画は大音量で上映しろという断りがあるのが素晴らしい責任感であり、観るものへの愛を感じる。

    みなさんはスコセッシ監督の映画は何が一番好きですか?

    BOBI
    category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM