『ダス・ゲマイネ』

2018.02.09 Friday 12:54
0

    太宰治の短編。

    芸術家を志す若者達の理想と現実の葛藤である。

    読み出していて声に出して笑ってしまったのは、太宰治本人が登場してきたからだ。

    それも小説家として。

    彼らは雑誌を作って世界に発信しようとするのだが…

    主人公は恋しているんだが、商売女なのでお金が無くて会えない時には上野公園の甘酒屋の少女が似ているということで、その子を眺めて女の代わりにしている。


    生きている、生きていく上で本当に必要な物は何か。

    生きるということがどれだけのことなのか。

    BOBI

    category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM