『エンドレス・ポエトリー』

2017.12.14 Thursday 12:09
0


    「その存在は完全な光」

    生きることを力強く肯定してくれる言葉だ。

    マジック・リアリズムともいわれる手法でのアレハンドロ・ホドロフスキー監督の最新作を朝から観ました。

    撮影がクリストファー・ドイルということもあって美術的映画としても気になっていたところで、先日映画の師匠テルから今年一番の映画、俺には是非観て欲しいと言われたので絶対観るぞと期待大にしたらそれを上回る作品でした。

    アレハンドロ・ホドロフスキー監督は精神世界の探求者と言われるだけあって、哲学的、文学的な表現で、劇中に出てくる「詩とは行為である」というセリフに納得する。

    演出が舞台的であるのが刺激的な効果をもたらしている。

    マルセル・マルソーとメキシコで100本以上の芝居を演出したということをしり納得。


    役者陣も息子のアダン・ホドロフスキーしかり皆個性的だ。


    特にパメラ・フローレスというオペラ歌手が母と真っ赤な髪の女性詩人の二役をしていたことを知って驚いた。


    息子アダン・ホドロフスキーが監督に言われたことはとても参考になる。
    「常に目を大きく開くこと」
    「歩くだけでも観客が目をそらしてしまわぬような肉体的な表現が必要」

    前作の『リアリティのダンス』も観てみたい。

    これぞ芸術の集大成、すなわち「映画」だ。

    BOBI
    category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM