想像の共有

2017.11.22 Wednesday 15:13
0
    「どんどん失敗しましょう!」

    いつも言う。


    学校でみんなが盛り上がる「モノ」の伝言ゲームを今日の障害者支援センターでもやってみた。

    モノを決めて、それを順々に渡していく、喋らないで。

    そして最後の人まで同じモノが渡って行ってるかを確認する。


    渡す側はそのモノをあたかもあるとして演じ、もらう側はよく見て何なのかを見い出すのだが、少しずれたことで最後には全く違うものになっていたりする。

    この失敗こそが財産である。

    なぜ伝わらなかったのか、どうして違うものに見えたかには原因がある。

    「雑だったなぁ」と渡した人が自身について言った。

    素晴らしい気付きです。

    自分がやって見つける、人がやっているのを見て理解する、大きな笑い声に包まれながら。


    「先生の授業は体と頭を使うからいいね」と言われ、帰りの電車で自分も程よい疲労感である。

    車窓から見る太陽はまだ3時過ぎだというのに、もう山々の裏側に隠れていた。



    そして東京に戻るといつも見る人口の明かり。



    BOBI
    category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM