少しでも知ること

2017.08.09 Wednesday 23:05
0
    72年前広島に原爆が落ちた日の翌日である7日、日頃平和な生活で暮らしているのでこういう機会に戦争というものに向かい合ってみようと池袋の新文芸坐に足を運んだ。



    『映画を通して反戦と平和を希求する映画祭』
    と題し、日本国憲法施行70周年記念として8月6日〜10、12、13日で行なわれている。




    月曜日は【軍国主義と戦争】ということで『激動の昭和史 軍閥』と『激動の昭和史 沖縄決戦』の二本立て。

    二本観れて1,350円。

    前日は『黒い雨』と『ひろしま』だったので観れなかったことが残念。

    「東宝8.15シリーズ」というの第4作『軍閥』は堀川弘通監督、笠原良三脚本で、2.26事件から敗戦までの長く濃い時代を新聞記者の視点を巧みに使い133分で描ききっている見事な作品。

    第5作の『沖縄決戦』は岡本喜八監督で新藤兼人脚本というだけあって、ただの戦争映画ではなく人情味ある素晴らしい作品となっている!

    どちらも史実に基づきフィクションとなり、名前や場所、数字などは全て実際のものである。

    ナレーターは次元大介でお馴染みの小林清志。

    役者陣は小林桂樹、丹波哲郎、池部良、三船敏郎、仲代達矢、加山雄三、志村喬、岸田森、寺田農、田中邦衛、など名優が勢ぞろい。


    『軍閥』で特攻隊役の黒沢年男が放った台詞
    「負ける戦争だからやめる。勝つ戦争ならやってもいいのか?」

    この言葉は考えさせられる。

    こうしてあれやこれや不満があったり葛藤している自分なんてなんぼのもんだと思う。


    282分、4時間と42分、戦争の大きさからしたら塵にもならない時間だったが、触れることが出来たことは大きい。

    そして、これから自分がどう行きていくかに影響を与える、いや、与えなければいけないものである。

    BOBI
    category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • いつからでも発見、スタート
      BOBI
    • いつからでも発見、スタート
      石毛
    • 初日開きました!
      BOBI
    • 初日開きました!
      なるこ
    • ライフ・ラザフォーズ
      カズ
    • ライフ・ラザフォーズ
      カトチャン
    • 『天泣に散りゆく』
      BOBI
    • 『天泣に散りゆく』
      イチ
    • Where
      井村健司
    • 一日早く直巳に
      井村健司
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM