お互いにアシスタント

2017.06.28 Wednesday 15:22
0

    今日で3回目の知的障害者支援施設でのワークショップ。

    前回は20数名と多すぎて進行がスムーズでなかったと思い、今回は二部に分けてみたらとても良い具合だった。
    みんなの集中力や体力的なことも考えると、一回40分という時間割はもうちょっとやれる手前のいい感じなのかもしれない。

    今日はアシスタント無しで行ってみたのだが、職員の方も参加してくれているので問題はなかった。
    しかし、大きな出来事があった。

    みんなで円を作り、一人が誰かに目で合図を送り、受け取った証で「ハイ」と返事をするトレーニング中のこと。
    前回のブログにも書いたが、言葉を話さない人が一人いる。
    その彼に視線を送っても何のリアクションも無い。
    みんな彼を知っているので暗黙でそれを自己解決していた。
    その時、一人が「受け取った、って(いう意味で)何かすればいいのに」と例を示すように右手で腰を叩いた。
    そうか!
    「〇〇〇(お互い下の名前で呼び合っている)から良いアイデアが出ました」と言ってすぐに試した。
    受け取った返事を「ハイ」ではなくて右手を上げてください、と。
    無言の彼は自分に視線が送られたとき、肘を曲げながら手を上げた、照れ臭そうにか楽しそうにか分からないが笑顔で。

    ワークショップはお互いが教え教わっていると考え、僕はそれの舵を握っている役割だとして、誰一人と遅れる者が出ないようにと進めている。
    1997年、UPSの講師としてインプロを教え、翌年フリークルーズを立ち上げ、ワークショップを始めて以来、一度も当日プログラムを用意したことはない。
    それはどんな人がいて、どのように進むのかを見極めて、その都度発見と閃きを繰り返しながら指導したいと思うから。
    教えるものが即興なら教える者も即興だと僕は考える。
    だから今日みたいなことが生まれる。
    それは僕を含め参加者全員が楽しい時間を過ごすことになる。



    BOBI

    category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • いつからでも発見、スタート
      BOBI
    • いつからでも発見、スタート
      石毛
    • 初日開きました!
      BOBI
    • 初日開きました!
      なるこ
    • ライフ・ラザフォーズ
      カズ
    • ライフ・ラザフォーズ
      カトチャン
    • 『天泣に散りゆく』
      BOBI
    • 『天泣に散りゆく』
      イチ
    • Where
      井村健司
    • 一日早く直巳に
      井村健司
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM