夏休みへ

2017.07.20 Thursday 17:22
0
    前期授業を1クラス残して今日で一旦お休み。

    今日はマイムで職業、場所、物を伝えるトレーニングをした。

    これってもう役者的。

    伝えるにはどうすればいいか、受け取るためには集中し想像して見なければならないってことで、コミュニケーションにはとても大事なことだと思う。

    学校っていいね、堂々と休める、休まなければいけない時期がある。

    みんな、元気で9月に会いましょう!

    BOBI
    category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

    みんな役者

    2017.07.06 Thursday 23:10
    0
      今日の授業で、どこの場所にいるかを言葉を使わず人に伝えることをやってみた。

      それぞれが自分の発想を自由に表現していた姿は立派に芝居だった。

      伝えたいという気持ちが「表」に「現」れる。

      来週は何をするかが楽しみだ。

      BOBI
      category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

      ワンワード

      2017.06.29 Thursday 15:09
      0
        二人が一人として、一語ずつ言葉を発して話すこと、One Wordを行なった。

        A「私は」
        B「今日」
        A「学校に」
        B「行きます」

        というものだ。
        みんな楽しそうにやっていた。

        「受け入れる」ということを教えるのにとても良いトレーニングだと思う。

        自分の前に来たものを受けてから考える。
        つまり、この先がどうなるのかお互い予測不能である。

        上の文、「私は今日学校に行きます」でBが「行きません」と言ったらどうなるか?
        話しは終わる。
        「行きます」だから次にAは学校のことを始められる。
        A「体育の」
        B「時間が」
        A「楽しみです」

        このあと、テニスでもサッカーでも話すことは体育に関することになるから二人とも方向性は一致する。

        相手と100パーセント同じ言葉や発想は浮かばないにしても、似たようなイメージを共有出来る。


        否定されると次のアイデアも困るし、自分が出したアイデアを責めてしまうことだってある。
        受け入れ合うことで争いが生まれないのだ。
        前に進む。

        みんな違ってて当たり前。
        どう共存して行くかだと思う。



        BOBI
        category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

        痴漢しました

        2017.06.15 Thursday 20:17
        0



          今日の授業でワンボイスを行なった。

          二人一組になり同じ動きに同じ喋り、すなわち一人として演じる。

          二組で即興芝居をしてもらうのに与えた設定は『駅で痴漢をした人と駅員』

          A(片手を上げて)「すーいーまーせーん」※二人で口元を見ながら話すので自然に伸びる
          A「いーまー、ちかんをーしまーしーた」

          B「どうしーまーすかー?」

          A「けーいさつをーよーんでくだーさーい」

          B「じーぶーんでーしーてくだーさーい」


          こんな会話はワンボイスだから生まれる。

          即興で、一人だったらこの発想はないだろう。

          相手と合わせていくうちに変形していき、それをも受け入れることで作られる。

          自分の発想を伝えようとすることと相手が何を言おうとしているかを察することが大切。

          コミュニケーションは双方向である。

          BOBI

          category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

          忖度に行き着く

          2017.05.18 Thursday 19:30
          0
            今日の授業では相手と接してものを作って行く、すなわちチームワークを学ぶ時間となった。
            根本が違う者同士が一つの方向に向かうためには協力し合わなければならない。
            もちろんインプロのルール「受け入れる」を基にしてだが、投げると受け取るをお互いが集中していないとキャッチボールは成立しない。


            「ミラー」というトレーニングを行った。
            二人が向かい合い、片方がリーダーとなって相手をよく見て鏡のように真似をする。
            (役者たちにはどちらもリーダーというのを行ったりする)

            リーダーの動きに必死になって追いついて行くのだが、ここで二つのタイプが生まれる。

            とにかく自分の動きについて来いと早かったり、難しい動きをするリーダーのタイプ。
            それと、
            相手が合わせやすいように速さと動きを適度に調整するリーダーのタイプ。


            「人文字」というトレーニングも行なった。
            ひらがなやアルファベットなどの一文字(後半は漢字で二文字も行なった)を生徒達が身体を使って、作る。
            つまり、それぞれが繋がって文字の線になるのだ。
            「受け入れる」がルールだから、質問しない、支持しない。

            大勢で作るのだから自分の身体をみんなが伸ばして文字を作ろうとすると教室いっぱいになり、入れない人が出てくる。
            それを気付いた生徒は身体を小さくして隙間を作り、誰かがそこに納まる。


            授業の最後に何人かの生徒がコメントを言った。
            「相手のことを考えて動かないといけない」
            「他の人がどうしたいかを察することが大事」


            「ミラー」も「人文字」もそうだが、こうした、自分の仕事をする上で相手のことを察したり考えたりすることがチームワークの大切な事の一つだと教えたかったことを、彼らは自分達で感じている。

            ああ、これって今年になって何度も耳にした「忖度」じゃないか。
            政治の世界ではそれらしく都合の良いワードとして使っているが結果に出ないが、今日の彼らはそのワードという表面的なことは知らずとも、意味をしっかりと体感して理解したのだ。


            僕のフリクルのインプロ・ワークショップは役者のためのトレーニングを行なっているが、芝居もコミュニケーション、原点は同じである。

            「相手を輝かすために」

            それが僕のインプロ、そして芝居のモットー。



            BOBI
            category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

            年内の授業を終えて

            2016.12.22 Thursday 15:58
            0
              今日で専門学校の『コミュニケーション向上力クラス』は年内分終了。

              みんな休みがやってくるからかクリスマスが近いからか楽しそうだった。

              来年からは社会人。

              大いに学生生活最後の休みを有意義に過ごして欲しい。


              さあ、今日は『BOBIの即劇Night』も年内ラストの生放送。

              ゲストには佐久間一生さんを迎えて楽しいインプロナイトをお届けします!

              視聴はこちらから→https://freshlive.tv/conect/69288

              お楽しみに!



              BOBI
              category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

              薔薇の花

              2016.12.20 Tuesday 17:56
              0
                今日の授業で、マイムでプレゼントを渡すゲームをした。

                喋らないで、そのものを表現するのである。

                「腕時計」や「鍵」などのお題を彼らは実際使う芝居をして上手く渡せていた。

                そこで一捻り。

                「薔薇の花」

                これは実に興味深かった。

                もらったものの答えに、花や花束がある中、聖火なるものも出た。

                1組は見事に薔薇の花と伝わった。

                渡した彼は、花を手にとって片膝を付きプロポーズの仕草をして相手に捧げた。

                それが男から男だったが、そこに「愛」が存在したことから薔薇を想像した。

                彼らは役者ではない。

                コミュニケーションを学んでいる生徒。

                それも二人とも違う国の留学生。

                一人は分かってもらうために、一人は理解しようとして一つのものに集中した。

                コミュニケーションが生まれた素晴らしい瞬間だった。


                さあ、今から役者のためのインプロ・ワークショップ。

                どんな素敵な瞬間が生み出されるのだろう。

                BOBI
                category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                トムの素敵な作業

                2016.12.01 Thursday 16:53
                0


                  授業で生徒達でペアやグループを作る際、アトランダムに選べることが出来るくじ引き方式。

                  そのカードをアシスタントのトムが丁寧に作ってくれてます。

                  ありがとむ!

                  BOBI
                  category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                  勉強は授業のあとに

                  2016.11.01 Tuesday 15:34
                  0
                    今日の授業も国際色豊かな16名でコミュニケーションを楽しく、時には厳しく学んだ。

                    いろいろと出来ないことがそれぞれに出てくる。

                    僕はこう伝える。

                    「ここでは失敗をいっぱいしてください。自分の苦手なことが分かることが大事。そこを頑張れば今よりも成長する」

                    授業はその人が勉強する道先案内だと思う。

                    授業が終わってからが勉強。

                    人生は毎日が、死ぬまで勉強。


                    アシスタントのハマが描いてくれた俺。



                    BOBI
                    category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                    新しいこと

                    2016.10.29 Saturday 23:50
                    0
                      今週から新しい仕事を始めた。

                      教育関連である。

                      これから進めるプロジェクトも教育分野と、今週は異なる3つの教育関係に身を置いた。


                      新しいことはなんでも覚えるのが大変。

                      遊びなら楽しいが、仕事となるとそうはいかない。

                      しかし、自分は新しいことを学んだり習得することは大好きなので、また一つ自分の引き出しが出来ると思って苦にならない。

                      なるべく早くと気持ちを焦らせても空回りするので、落ち着いて一つずつ会得し確実なものにしていかねば。

                      日々精進

                      BOBI
                      category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM