卒寿

2019.07.12 Friday 21:30
0
    少し遅れて父の誕生日を祝う。

    90歳。

    その姿を見ていると本当に人生100年ということに実感を持てる。

    昔には出来なかったことが、今、素直に接することが出来る。

    感謝の意を持って。

    人を理解するのにこんなにも時間がかかるものなのだろうか。

    生きていてくれて感謝。

    100歳まで生きて欲しいと今は思える。

    願う。

    BOBI
    category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

    歪む人々

    2019.05.15 Wednesday 22:14
    0
      人混みの中を歩いていたらちょっとぶつかった。

      「すいません」と言ったが彼は収まってないようで空に蹴りをしていた、そのあと押してる自転車の荷台の荷物にパンチしていた。

      どんだけ〜って思うくらいの彼のストレス。

      でも、これは現代の縮図なのではないだろうか。

      彼はそれで解消されたかもしれないが、放出出来なかったら何かとんでもないことを起こす可能性はある。


      丸山議員の戦争発言にしかり、人の歪みを感じる今日この頃。

      BOBI
      category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

      初めての眼鏡

      2019.05.10 Friday 23:36
      0
        先日購入した広辞苑を読むのに、読めなくはないが、画数の多い漢字がどういう構造か分からないのがあったりする。

        前にものもらいが出来た時に行った眼科の先生に、乱視が入ってることや、細かいものを見るときだけでも眼鏡をかけた方が疲れないと言われていたので、思い切って眼鏡をスタートしてみようと考えた。

        その眼科に行って、再度検査してもらって処方箋をもらい眼鏡店に行き作っちゃいました。



        うん、見やすい!

        大きい!

        今考えると、広辞苑見るときだけだったらハズキルーペでも良かったかなぁと思ったりもするが、後々眼鏡の世話になるだろうから今のうちに慣れておくことが良策と考える。

        身体は衰えていく、やりたいことは増えていくのに。

        BOBI
        category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

        シンクロニシティ

        2019.04.26 Friday 22:40
        0
          天皇皇后両陛下が最後の公務で「みどりの式典」にご出席なされた。

          それに伴い、過去の映像を見ると、お二人のお辞儀はいつも一緒で、綺麗だ。

          皇后陛下が合わせているのだろうが、歩くときも、一体感が安心する。

          国民に寄り添うというお気持ちが間接的にも伝わる。

          一般参賀を除くと二度目拝謁したことがある。

          どちらも5メートルほどの距離だったが、確実に目があった、そう思えた。

          常に「寄り添う」というお気持ちがあるからだろう。


          人と一緒にいて愛し合うこともあれば憎しみ合うこともある。

          寄り添うことだけで充分、平和な時が流れるのだろう。

          BOBI
          category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

          「予定は未定」

          2019.04.04 Thursday 23:25
          0
            母が良く俺の手を引いて言っていた。



            今日は学校のこと、ワークショップのこと、仲間のことなど伝えたいことが沢山あったので、皆で集まった。

            その初めに、うまい味噌ラーメンを締めで食おうって言ってたのに、時間が遅くて終わっていた。

            しかしラーメンモードになっていたので、別の店へ。



            行けなかったけど、それはまた次に行ける楽しみが出来たということ。

            予定は未だ分からぬことを定めようとすること。

            BOBI
            category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

            何事も考え方

            2019.02.26 Tuesday 18:16
            0
              前に書いたが、今月入ってから「ものもらい」のようなものが出来て、点眼薬と塗り薬で様子を見てきたがなかなか小さくならないので昨日切開手術をし、今日行く予定だったサーフィンを我慢して家でじっとしようと太宰治の小説を4冊買い込み、読めるわけもなく夕方になったけどまだ腫れているので病院にさっき行ってきた。

              長くかかるけど絶対治るということで、飲み薬と点眼薬と軟膏での治療をすることになり、来週は海に入れるというので安心。

              健康診断でも何も引っかからない健康体だが、厄介なものをもらってしまったけど、ものは考えよう、基本的に何も無い休みなんて日は無い自分に、今日はそういうゆっくりな時間をもらえたということを良しとしよう。

              動けないときは、動けない時にしか出来ないことをする時間。

              BOBI
              category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

              くれたのは誰?

              2019.02.08 Friday 23:50
              0
                もらってしまった、ものもらい。

                最後にもらったのはいくつの時だろう、もしかしたら初めてかもしれない。

                数週間前から左目の下の内側に違和感があり、今朝起きたら無くなったので、良かった、と思い鏡見たらぷくっと腫れているものが誕生していた。

                痛みは無いが医者に行った。

                結局、まだ小さい腫れなので、切って膿を出すことも出来ないそうで、点眼薬と塗り薬で様子を見ることに。

                それより気になったのは、診療の前に検査を行い、視力の低下や乱視だとかが判明したこと。

                歳をとれば誰でもそうなるのだろうけど、ショックである。

                これは誰からもらったわけではなく、自分自身から。

                頑張ってくれてる細胞に感謝して、うまく付き合っていきましょう。

                BOBI
                category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                血が滲む

                2019.01.05 Saturday 21:41
                0
                  「血の滲むような努力」という言葉を最近は耳にしない。

                  昭和の根性世代を反映していたのだろうか、その昭和も「ふた昔前」と言われるようになろうとしている。

                  新年は何かと新しいことを始めたり、物を使い出したりする人は多いと思うが、自分も新しい靴を履いた。

                  すると、靴擦れが起き、気付いた時には血だらけの靴下を見ることになった。

                  靴の中を見てみると、赤く染まった部分を認識し、それは、縫い目から伝って表まで上がってきていた。



                  努力なんかしていない、血が滲んだだけ。


                  帰りに見つけた、紅葉の名残りも葉を赤く染めていた。



                  今年は自分の色を変えるべく、新たなチャレンジをしていきたい、自分というベースの色を基に。

                  BOBI
                  category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                  輝く目

                  2019.01.04 Friday 21:23
                  0
                    今年初の明治神宮に足を踏み入れると綺麗な木漏れ日が歓迎してくれた。



                    綺麗な瞳は女性だけでなく男にもある。

                    年末から左腕がだるくなってきて、昨日海に入っている時に力が入らなかった。

                    今、上腕がピクピクしている。

                    銭湯から帰ってきてサロンパスローションを塗ったから、化学反応をしているのだろうか。

                    その痛みを癒すために銭湯に向かった途中に降りていく坂があり、歩道の上に三脚を立て長い望遠レンズで先の電車を撮影している少年がいた。


                    銭湯に入ると、親子連れがいて、俺の右斜めに浸かっていて男の子は父親と顔の輪郭、濃くて長い睫毛が良く似ている。

                    その子の黒目の多い瞳は輝いていた。

                    透き通った純粋な目だ。

                    世の中の不純物が全く付着していない、素晴らしい未来しか見れない眼球。

                    いつまでも、死ぬまでこうでありたいと思い、衝突をし、流されたり、妥協したりを繰り返しながら、今、もう一度自分自身を取り戻そうとしている俺には綺麗で憧れる。


                    帰りにフロントで店主の弟と話した。

                    俺が最近サーフィンを楽しみ、若い頃のようにチャレンジしていることを聞いて影響を受けたそうで、彼もジェットスキーを今の三人乗りという楽なものから、30年前のようにハードな一人乗りを今年はまた始めようと思っていると言う。

                    年齢が2つ位下なので、俺が今やってるサーフィンがどれだけの負荷がかかるかを知っている上で、彼も挑戦だ、俺と同じ、楽しいという想いと共に。

                    人の行動が人に影響を与える、それは人間の常であるから、影響を与えられるくらい自分は明日に立ち向かいたいと思う。


                    冷えた空気が心地良く家への坂道を登っていると、まだ三脚のカメラはそこにあった。

                    行きには見えなかった少年の顔が、下から登って行く時には見えた。

                    彼の目は獲物を狙うハンターの目をしていて、それは光っていた。

                    年齢が違っていても、人はいつも輝く目をしている者が魅力的だ。

                    目だけは、年齢や性別や職業などの環境関係なく、その人間が今充実しているかをはっきりとシンプルに見せつける。

                    俺はどんな目をしているのか?

                    BOBI
                    category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                    濃い忘年会

                    2018.12.27 Thursday 23:52
                    0
                      学校の講師陣との忘年会。



                      みんな精一杯頑張ってる、チャレンジしている。

                      一人一人にクラスを持たせることは俺のチャレンジでした。

                      それが、良い結果を与えていることを知って嬉しい。

                      みんなが素敵な先生、人生の先輩として、これからの世の中を作っていく生徒達に教えられたことが良かった。

                      教えるは教わる。

                      来年が楽しみです!

                      今日来れなかった、アヤ、ハナ、ヨンヨン、ありがとうございました!

                      BOBI
                      category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM