梅は咲いたか、桜は

2020.03.11 Wednesday 15:19
0

    今週中にも咲くようだ。

    今日の社会支援センターでは新しい参加者がいたので、コミュニケーションのキャッチボールを丁寧に行った。

    この「丁寧」ということがとても大事だとあらためて感じる。

    自分らが当たり前のように出来ることが、知的障がいをもっていたりすると、当たり前とはならない。

    自分で丁寧すぎると思うくらいで伝えないと理解してもらえないことがある。

    その反面、すぐに分かってもらえることもある。

    その差が人それぞれなので、常に一人一人の表情や仕草に集中する。

    自分が一番トレーニングになっている。


    今日は良い天気。

    みんなの笑顔はコロナを近づけることなく、暖かかった。



    今日で9年目。

    私が見た石巻をはじめ、被災地ではどんな梅が咲いているのだろう。

    そしてどれだけの桜が咲き誇るのか。

    「山川異域、風月同天」

    (暮らしている場所、山や川などが違いますが、同じ風を受け、同じ月を見て生きています)

    BOBI

    category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(2) | -

    新しい人も

    2020.02.12 Wednesday 23:20
    0
      参加した、社会支援センターのコミュニケーション・ワークショップ。

      最近見ない顔の人たちのことを聞いたら、就職したと聞いて嬉しい気持ちになった。

      正直、どこに知的障がいがあるのだろうと思っていた方も無事に働き出した。

      一緒に過ごした時間が、少しでも何かの役に立ってくれれば良いなあ。


      今日も新しい人がいたことで、いろいろと対応し、受け入れて、楽しく終えることが出来た。



      少し暖かくて、帰りの電車でうとうとが気持ち良く、気付いたら東京に戻っていた。

      空にも新しいルートで羽田空港へ向かう飛行機が真上を通過した。



      BOBI
      category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

      代わりの手段で

      2020.01.15 Wednesday 18:53
      0
        今日のコミュニケーション・ワークショップも新しい知的障がい者の方が参加したので、基本的なことを中心に行った。

        一度就職したが、また戻ってきた参加者に、言葉を発しない男性がいる。

        昔に、コメントを携帯に書いてスタッフに読んでもらったことは感動した。

        その彼がいると、喋るトレーニングをしないでいたが、今日は関係なく行った。

        その言葉による伝達手段をどうにかして使わずに出来るように考えるのも、コミュニケーションだと考えたからである。

        一緒に組んでもらう施設のスタッフが素晴らしく、即座に対応していた。

        言葉で指示をしてパートナーを動かすという時に、肩を叩いたらそっちに進む、背中を叩いたらストップ、などと二人のルールを作っていた。

        それはまさにコミュニケーションの始まりだと思った。

        お互いの意思が伝わることが一番大事であり、方法は何だって言い訳である。

        凄いなぁと眼から鱗が落ちた瞬間だった。

        安心できる、読めている中でやらないことって大事である。

        新たなものが生まれるのだ。


        帰りは雨が上がり、眩しい光を受けながら東京へと向かった。



        BOBI
        category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

        こちら次第

        2019.12.11 Wednesday 15:03
        0
          人は良いものも悪いものも伝染する。

          今日の知的障がい者の社会支援センターでは、如実に現れた。

          初めて参加で、右側半身が不自由な人がいたので、行くまでに考えていたメニューは全て変更。

          その場で、なるべく動かないものを選び、探りながらプログラムを決めていった。

          施設のスタッフが4人も入っているのに、周りを気にするがあまり、元気がなく、全体的にまったりとした雰囲気である。

          そのせいか、あくびを何度もする人や、集中力に欠ける人が出て、それが伝染していった。


          休憩時間に、スタッフを集めて、状況とこちら側の熱量を少しあげることを説明した。

          彼らは我々を真似するから、我々がどう振る舞うかが重要なのである。


          後半は見事に変化した。

          あくびをしていた人ははしゃいだ。

          全員が楽しそうにして、見学していた者も参加したくなるくらいに関心を寄せて笑顔をこぼしていた。


          終わってからスタッフの一人が「ほんのちょっとのことなんですね」と実感を話してくれた。

          そう、ほんのちょっとなんだよね。

          それは、知的障がい者だからではない。

          彼らだから、心がそのまま表れる。

          障がいを持たずに働いている人の方が、本心を見せないで、ごまかしながらその場を過ごし、あとで文句を言う。

          そんな彼らだからこそ、こちらは学ぶ。

          教えることは学ぶことだと、いつも思うが、今日は参加者たち、スタッフ、と少し違う人達に教えて、違うものを学んだ。


          帰りの電車はこうやって振り返る時間が出来てありがたい。

          狂った人の群れや汚染された空気に包まれず、ゆっくりと優しい風景を見ながら自分の時間として進んでいく。



          BOBI
          category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

          基本から

          2019.11.13 Wednesday 15:15
          0
            今日も新しい参加者がいた。

            知的障がい者の方とスタッフの方の2名。

            初めての方々のために、基礎的なことからスタートをした。

            これはこれで、経験した人たちも復習になりながら、楽しく進んでいく。

            基本は何度やってもいい。

            言い換えれば、基本無くしては前に進めず。

            自分も失敗したりして和やかに終えた。

            外へ出ると、いつも曇り空のイメージの八街の空は所々の青さが爽やかな風を運んでいた。



            BOBI
            category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

            穏やかだけど

            2019.10.09 Wednesday 15:13
            0



              八街へ向かう。

              台風19号が心配な住民は多いだろう。

              しかし、今日の天気は快晴で心地良い。


              クラスに一人新しい参加者がいた。

              若く、大人しそうな青年だ。

              こういった不安を取り除くのが大事なステップ。

              開始して30分もしたら笑顔に溢れていた。

              良かった、理解してくれて、さらに楽しんでいるんだと実感した。

              知的障がい者は人によって差があるだろうけど、初めて会う人だと分からないから、ワークショップを進めながら観察してこちら側で調整することが必要である。


              最後に彼は「緊張した」とコメントしていたが、そう言えたということは、だいぶほぐれたということだろう。

              ショーやライブでも人に伝えてきたが、目の前の一人に伝えられた喜びは大きく、それが出来なければ大勢にも伝えられないのだろう。


              施設を出るとヤギくん達がお見送りをしてくれた。



              犬や猫と違うので、どう関わっていけば良いのか迷っているうちに近寄って来てくれて手にキスしてくれた。

              ありがとう、伝わったよ。

              BOBI

              category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

              復旧してなにより。

              2019.09.25 Wednesday 19:46
              0


                今日の知的障がい者社会支援センターでのワークショップは二週間遅れての開催である。

                八街市の被害も相当なもので、台風15号の翌日、電話が来て、「今電波が通じるので連絡しました」と言って、停電のことをはじめ被害を知った。

                それからニュースを見て情報を得ていたが、復旧まで遠い道のりだと感じていたので、今日行けたことにほっとした。

                みんなも元気で、新しい参加者も楽しそうに頭と体を動かし、みんなによって実りある時間が作られたと思う。


                まだ町のあちらこちらで破損しているところもあったが、まずは自宅で生活が出来るようになってなによりです。

                そんなことを思いながら東京に戻ってきました。



                BOBI
                category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                遠くから光

                2019.08.14 Wednesday 15:17
                0
                  実に笑顔が多かった時間だった。

                  それは各々の想像力がもたらしたもので、スタッフと喜んだ。

                  知的障害者の彼らの中には感情の表現が薄い人もいるが、その人が時折出す笑顔は最高に輝いている。

                  すると、こちらや周りにも明かりが包む。



                  こうして少し前の時間を振り返り、東京へ戻りながら、先の彼らのことを思い来月を待つ楽しみに耽る。

                  BOBI
                  category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                  お日様が待ち遠しい

                  2019.07.10 Wednesday 12:28
                  0


                    少し明るい空の中、千葉にワークショップを行うため東京を出た。

                    一時間も経つとまた曇り空。



                    佐倉駅を過ぎた。



                    何か野菜を収穫している。

                    今、日光不足で高騰している野菜が増えているという。

                    去年の梅雨は短かった(はず)。

                    子供の頃の今の時期は毎日晴れて暑くて早く夏休みになれって思っていたはず。

                    お日様、そろそろお出ましになってください。

                    BOBI
                    category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                    しおさい

                    2019.06.12 Wednesday 15:14
                    0
                      今日のワークショップも新しい仲間が4人参加。

                      知的障害といっても様々なので、毎回どんな人達かやりだしてみないと分からない。

                      どんなメンバーかによってプログラムも考え、説明の仕方も対応していく、本当に自分の即興トレーニングでもある。

                      初めての人達は最初に警戒心を持ったりしているが、だんだんそれが解けていき、笑顔が出始める。

                      これで良かったかどうかは断定出来ないが、笑顔が見れるとホッとする。

                      一期一会、人との出会いの原点を感じる。


                      帰りは初めて「しおさい」という特急列車に乗ってみた。



                      ちょっと旅気分。




                      そして直線と固いこの街に戻ってきた。


                      BOBI
                      category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM