『世阿弥 風姿花伝』

2020.01.16 Thursday 18:44
0

    JUGEMテーマ:芸能

     

    初めて、「能」というものに自ら触れてみました。

     

    能というよりも世阿弥に興味があったのです。

     

    演劇をやっていると、「序破急」などは学びましたし、知り合いの女優は「風姿花伝」という劇場を持っていますから、世阿弥のことは知っていましたが、その程度でした。

     

    分厚い専門書みたいのだと手強いと思い、入門的に本書を読んでみると、とてもわかりやすく、学ぶことがたくさん書かれていました。

     

    風姿花伝とは世阿弥が三十七歳の時に、自分たちの芸を子孫に伝えるために書き始めた秘伝書だそうです。

     

    一番感銘したのは、芸能でよく言われる「花」というものがどういう意味かを知ったことです。

     

    あの役者は花がある、などと使われますが、もっと深いことを世阿弥は言っていたのです。

     

    「新しいこと」「珍しいこと」だそうです。

     

    そして、こんな言葉があります。

     

    「住する所なきを、まづ花と知るべし。」

     

    一つの場所に安住しないことが大事だというのです。

     

    自分をコピーするなという教えです。

     

    仕事でも何でも、これでうまく行ったから、当分同じやり方をしていればいいだろうとなりがちです。

     

    ピカソがそうであるように、多くの芸術家はいったん自分のスタイルを作り上げると、今度は壊して次に進んでいきます。

     

    世阿弥は他の人間のやっていることは真似しても、自己模倣はしなかったといいます。

     

    自己の更新が必要なんですね。

     

    私が即興演劇に魅了され、20年以上続けてきた大きな理由の秘湯には、その部分があります。

     

    毎回新しいことにチャレンジすることが、自分の更新でした。

     

    しかし、それは何も即興でなくてもいいと考えるようになりました。

     

    芝居は同じ台本でやっても毎回違います。

     

    そこに何か発見があります。

     

    むしろ、そのほうが、先に述べたように、一つのスタイルを作って、それを更新していき良いものへと仕上げていく。

     

    何でもそうなんですよね。

     

    シェークスピアの200年前、今から600年前から作られて演じ続けられている「能」に興味を持ちました。

     

    観に行かねばです。

     

    BOBI

     

    category:演劇 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

    青山円形劇場、復活?!

    2018.09.26 Wednesday 23:27
    0
      こんな記事があるのを教えてもらった。

      3年前に閉館した国立の児童施設「こどもの城」について、東京都が建物や敷地を購入したうえで、ミュージカルなどが上演できる劇場や中高年の生涯学習の拠点などが入る複合型の公共施設として活用する計画を進めていることが分かりました。

      東京・渋谷区にあった国立の児童施設「こどもの城」は子どもの遊びを開発・発信する拠点として開設され、ミュージカルやバレエなどが上演される青山劇場が入っていたことでも知られていましたが、老朽化などのため、3年前の平成27年に閉館しました。

      東京都は、舛添前知事時代に、「こどもの城」の建物と敷地を購入して都立広尾病院を移転する計画でしたが、小池知事が計画を白紙に戻し、新たな活用方法を検討していました。

      関係者によりますと、都は「こどもの城」の建物と敷地を国から購入したうえで、幅広い世代が利用できる複合型の公共施設として活用する計画を進めているということです。

      この中では、子どもの保育施設や、中高年が生涯学習に取り組む拠点、それに青山劇場のような劇場として活用することなどを検討しています。

      現在の建物を壊さずに改修するため、費用は合わせて数百億円になる見通しだということです。

      都は、再来年の東京オリンピック・パラリンピックで建物を暫定的に活用することも視野に、国との交渉を今後、本格化させるものとみられます。

      (NHK 首都圏NEWS WEB)


      FREECRUZがホームグラウンドとしてお世話になった青山円形劇場が復活してくれたら幸せだ。

      祈るしか出来ないけど、みんなの想いが届くことを願います。


      FREECRUZ公演『1』より

      BOBI
      category:演劇 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

      個人レッスン

      2018.05.23 Wednesday 17:22
      0
        昨日書いたことの、相手のために何が出来るかがそのまま自分に課題を与えられるような機会だった。

        自分がこういうことを教えますのでみなさん参加してください、ではなく、そうなれるために自分は何が出来るか、だ。

        まずはどんな特性なのかを知るために色々と基本的なことやってみる。

        すると得手不得手な部分が浮き彫り上がってくる。

        その苦手と得意なものを知るのが大切だ。

        本人も自分も。

        相手の表現、思考に関わっていくからとても責任重大だと思うと、正解の無いこの芸術の世界は何も与えられなくなるので自分の考えられる方法で行くしかないのだが。

        いろんなことを考えさせられた2時間半だった。

        終わってから映画を観る予定だったが、頭の中をいろいろと整理出来ずスッキリしてないのでやめた。

        教えるということを今までもあるタイミングをきっかけに考えさせられてきたが、今日もその一日。

        今置かれている自分というものを見る良い機会をいただけた。

        明日は授業。

        みんなのために。

        BOBI
        category:演劇 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

        『追憶』

        2017.11.09 Thursday 21:15
        0
          やり方は自由であり、伝えたいものが表現となる。

          どうやったら小説家に成れますかという問いに、成る人は書いている、というのをこの前ラジオで直木賞作家が言っていたし、他にも同じ答えを目にしていたりした。

          今日はワークショップで教えている女優、北川宏美の芝居を紀伊國屋ホールへ観に行った。



          彼女は役をしっかりこなし、魅了させてくれた。

          僕はそのことよりも作品の色というか表現形式に刺激を受けた。

          セリフの言い回しが最初鼻についたのだが、一貫して行われることによって慣れてしまい、そこからこの舞台の色に馴染んでしまった。

          話の内容は、戦前の神田、ある男の自殺という死に疑惑を持った男に所縁のある七人の女たちの復習劇なので分かりやすい内容であり、台詞もさらに分かりやすくしている。

          それはお客さんが高齢者が多いし演出家も高齢だからと思ったが、それだけの理由なのだろうかと考え始めた。

          歌にロック、演歌、ラップがあるように、演劇だって様々なのは百も承知なのに、ここまで自分が絶対にやらない方法を用いられると、その氷結していた考えが溶け始める。

          自分の知らないものに多く出逢うことは有意義である。


          ヒロミの見事な演じっぷりを見て、演じるって楽しいよなぁと同感すると同時に、教えている自分も精進していかないといけないなと肝に銘じた。

          BOBI
          category:演劇 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

          『ローズマリーの赤ちゃん』

          2017.07.30 Sunday 21:56
          0
            評価:
            アイラ・レヴィン
            Paramount Home Entertainment(Japan)Limited(CIC)(D)
            ¥ 973
            (2007-08-24)

            JUGEMテーマ:映画

             

            『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督の1968年作品。

            昔からタイトルは知っていたがなかなか見る機会が無かった。

             

            悪魔が存在するという話だが、サスペンス調なので展開に引っ張られていく。

            B級映画テイストかもしれないが、母親と子という人間の根源を投げかけるエンディングは好きだ。

             

            また、好きな監督、ジョン・カサベテスが主役夫婦の亭主として演じているのが興味深い。

             

            BOBI

             

             

            category:演劇 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

            師の本

            2017.07.03 Monday 18:34
            0

              芝居を教わった師の一人、岡田正子女史から一冊の本が送られて来た。

              昔に出版した『ベラ・レーヌ・システム』と同じ赤の装丁。

              でも今回は演技指導書ではないそうだ。

              電話で話した時に「遺書みたいなものよ」なんて言葉も出していた。

              先生も今年米寿で、うちの父親と同じ。

              どちらも本当に元気である。

              教わったことを返していかないと、と二人の顔を思い浮かべる。

              BOBI
              category:演劇 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

              初 梁山泊

              2017.06.20 Tuesday 17:26
              0


                昨日は花園神社に観劇。

                新宿梁山泊です。

                テント芝居です。



                唐十郎作をこうして観るのは初めてです。



                3時間に及ぶ大作は観るに飽きない。

                セットや転換が見事でした。

                役者達のバラエティさも心地良い。

                寺山作品もそうだが70年代に芝居を観れていたらどんなに刺激を受けたかと思う反面、今だからこうして触れることに感激しているのだろうと考える。

                お芝居の面白さを再確認出来る時間だった。

                連れて行ってくれた坂上さんと薫ちゃんに感謝。



                終演後は飲んで歌った。

                BOBI
                category:演劇 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                『二十日鼠と人間』

                2017.06.02 Friday 22:31
                0
                  昨日はヒロとカジさん出演の芝居を観にウッディシアター中目黒へ。



                  原作のジョン・スタインベックが演劇を意識した作品で、世界大恐慌の時代における出稼ぎ労働者ジョージと頭の回転が悪い大男レニーの物語。

                  障害、差別、友情、権力、自由、希望と人間の内面を描く悲劇は心に打つ。

                  昔に原作をニューヨークの授業で読んだり、UPSで上演されていたり、ジョン・マルコビッチ出演の映画を鑑賞と、その時々で感じ方が違う。

                  終演後、たまたま観に来ていたアツシさんとヒロとで打ち上げで深酒は楽しかった。

                  BOBI
                  category:演劇 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                  卒業おめでとう

                  2016.02.20 Saturday 21:27
                  0


                    エリコの卒業公演を観ました。

                    頑張って来た成果が良く出ていました。

                    素の本人を知っていると、エリコらしさが出るとホッとしたりします。

                    これからがスタート地点。

                    大きく羽ばたいてください。

                    追い風与えられるように僕も頑張ります。

                    BK
                    category:演劇 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                    頑張っている

                    2015.11.28 Saturday 01:23
                    0
                      以前フリクルに出演していたエリコは今演技を基本から学んでいて、その発表の芝居を観に行った。

                      1年半以上毎日トレーニングを積んで来ていて、その成果を昔を知っているからそれが良く分かる。

                      継続は力なり。
                      輝いていました。

                      またいつか一緒に舞台に立ちたいから自分も頑張ろう!



                      BK
                      category:演劇 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM