『ドッグマン』

2019.09.03 Tuesday 00:18
0



    第61回カンヌ国際映画祭グランプリの『ゴモラ』を観たのが8年前、そのマッテオ・ガローネ監督の最新作を観てきた。

    映画はその人それぞれの感性に触れて、好き嫌いがあるものだが、私はイタリア映画が好きだ。

     

    犬のトリミングサロンを経営するマルチェロが犯罪を手に染めるシモーネという友人との付き合いで人生が揺れ動いていく不条理なクライムストーリー。

     

    主役のマルチェロ・フォンテという役者がコミカルもドラマティックも兼ね備えた演技、特に目の表情が見事で、カンヌの主演男優賞を受賞したことも頷ける。

     

     

    シモーネの力で制圧していくやり方で周囲もマルチェロも手を出せず従うばかり。

     

    警察に届けて逮捕されたって、数ヶ月後にはまた出てきて何倍もの被害を被るということで指を加えて見ているだけとなってしまう。

     

    犬が好きということからも分かるマルチェロの本来の優しさが、何度も損をしているにもかかわらず友シモーネに法律も無視し気持ちを寄せる。

     

    報われない優しさ。

     

    優しさって何だろうって考える。

     

     

    イタリアの映画はいつも絵の綺麗さ、色と言えばいいのか、映像が素晴らしい。

     

    それは美しいシーンだけではなく残虐なシーンでは締め付けられるような苦しさを与えてくれるということだ。

     

    あと、音楽がやはり見事で、実に効果的に使う。

     

    今一番好きなパオロ・ソレンティーノ監督と同様、やはりフェリーニ、ヴィスコンティ、デ・シーカからレオーネ、トルナトーレなど多くのイタリア映画監督は皆音楽が魅力的だ。

     

     

    30年前にイタリア9都市を旅したがただの街の一風景もが観光スポットと思えるほどだった。

     

    こんなところで生きていたら感性が豊かになると思ったものだ。

     

    しかし、それは日本だろうがどこの国、どこの場所でも自分のインプットの仕方なのだろうと考える。

     

    大きく見る、または大きさの中に埋もれている点を見つける、見えない部分を想像する。

     

    いつも通る道や見慣れた場所を視界に入るものとして見るのではなく。

     

     

    最後に、犬が可愛かったなあ。

     

    マルチェロと親子であり友人の関係が喜ばしく、気持ちが温かくなった。

     

    BOBI

    category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

    『招かれざる隣人』

    2019.08.31 Saturday 00:15
    0
      評価:
      ---
      アメイジングD.C.
      ¥ 3,867
      (2018-02-02)

      JUGEMテーマ:映画

       

      前に見たことがある『隣人』っていうケビン・スペイシーが出ている映画が怖かった記憶がある。

       

      これも興味を持って鑑賞。

       

      アパートの二階に住む夫婦が子供の誕生を待ち望んでいる中、下の階に引っ越してきた夫婦と接触をする。

       

      その奥さんも妊娠している。

       

      一緒にディナーをすることになる。

       

      日本では起き得ないことだと思うが、アメリカに住んでいたことがある俺は理解できる。

       

      どんな人が隣人なのかを知らない方が危険なので、積極的にコミュニケーションを取るのは大陸系の人種だからだろう。

       

      それがある事故が起き二組の関係が大きく変わっていく。

       

      この事故のきっかけが二つあり、一つは猫なのがなんとも言えない。

       

      可愛い猫なのに。

       

       

      日本、都会における現代の住居環境は隣人なんか知らない人が多くなった。

       

      個性を超えて常識を知らぬで育った変人がいるのも事実。

       

      これもデジタル化の弊害でもあるといえよう。

       

      今の街は人と物が欲のためにただ集まっているだけとも言える勢いだ。

       

      秩序も心も無い傾向がある。

       

      何か親切心で他人に手を差し伸べて逆に被害を被ったりする世知辛い街になってしまった。

       

      そうは言っても、まだまだ良心を持った善意のあるあたたかい人もいっぱい居る。

       

      自分も流れに流されず、自分で考えて判別して行動するように心がけたい。

       

       

      あなたは隣の人の顔を知っていますか?

       

      話したことありますか?

       

      BOBI

      category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

      『そして誰もいなくなった』

      2019.08.27 Tuesday 00:42
      0

        JUGEMテーマ:映画

         

        誰もが知っているベストセラー。

         

        その販売数は当時、聖書が一番だった頃に六番目だったという。

         

        この映画は原作者アガサ・クリスティーが自ら戯曲を書いた舞台版に忠実にルネ・クレール監督が作った作品と言われる。

         

        真犯人や細かい部分は全く憶えていなかったので楽しめた。

         

        確かに舞台っぽい作りで、コメディーっぽい演出が散りばめられている。

         

        原作にあったかは分からないが、猫が登場しているのが可愛く、あるシーンで一人が膝に乗せて撫でながら話すのは『ゴッドファーザー』を彷彿させる。

         

         

        先日読んだコナン・ドイルのシャーロック・ホームズしかり、すごいものを書いた作家である。

         

        また原作を読みたくなった。

         

        BOBI

        category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

        『よこがお』

        2019.08.20 Tuesday 23:40
        0


          自分の親戚に犯罪者が出たらどうするか、どうなるか。

          これは自分が介護士として受け持っている家の娘を、甥っ子が誘拐してしまったことから始まる。

          深田晃司氏が脚本・編集・監督で現在と過去を紡ぎながら、主演の筒井真理子が魅力的な演技で展開を効果的に進めていく。

          テアトル新宿って良質な日本映画を上映してくれる。

          BOBI
          category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

          『パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画』

          2019.08.17 Saturday 23:55
          0

            JUGEMテーマ:映画

            タイトルからして、完全が予期せぬアクシデントで狂う筋書きは分かってしまうが、グレッグ・ギニア主演ということで、コメディなら観てみようと鑑賞。

            人生って何か一つ違うだけで未来が変わる。

            喜びも悲しみも。

            そういうありきたりのプロットではあるが、この作品は後でそうだったか、と思わせる仕組み。

            しかし、俺は最初のところで怪しさを感じた。

            だが、観ているうちにそれは考えすぎだったかと、忘れたいった。

            そういう意味では、タイトルに一度引きつけさせて勝手に想像をさせるという上で予想外のものを届けてくれるエンターテイメント作品なのだろう。

            保険の営業マンの話だが、ビジネスは騙し合い。

            どうやって金を儲けていくかに法律から外れれば犯罪、そうでなければビジネスとして成功。

            人が魅力を持つ「金」

            恐ろしい。

            BOBI

            category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

            『アンダー・ユア・ベッド』

            2019.08.15 Thursday 22:05
            0


              一ヶ月前に公開されて気になっていたが、1日1回しか上映しないのでなかなか観れなかった。

              空いてると思ったら大間違い、空席が両サイドと前のゾーンに有るという混み具合。


              存在感が薄くいつも周囲から忘れられてしまって育ってきた男が、大学生時代に初めて名前を呼んでくれた同級生を11年経った今も想い続け、遂に監視することを始め彼女の結婚生活の秘密を知ったことから事件へと発展する。

              よく出来ているプロットで、ちょっと騙されたのが後となっては心地良い。

              観れて良かった。


              しかし、映画館のマナーで気になることがあった。

              鑑賞中に何度かスマホをチェックする女性が一つ開けた席に座っていて、ブルーライトが視界に入って来てスクリーンからの集中に邪魔となった。

              DVDとか家で観るより映画館が良いのは大きい画面に音量などが違うのは勿論だが、映画に集中することが出来るからだと思う。

              俺は混んでいるのが嫌いだから、メジャーになる映画を観ないのはそういうことも要因である。


              原作の大石圭氏はホラー小説が多いようだが気になる作家だ。

              BOBI
              category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

              『サイコ2』

              2019.08.13 Tuesday 23:48
              0
                評価:
                ---
                NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
                ¥ 972
                (2018-11-21)

                JUGEMテーマ:映画

                 

                台風の影響で朝から不順な天候。

                 

                ゆっくり家で映画でも観ようとホラーとかスリラーが良いと考えたら、これ観ていないことに気付いた。

                 

                『サイコ』が好きだから、2とか3とかはあえて観ていなかったが、今日初めて鑑賞。

                 

                面白かったなあ。

                 

                監督が違うが、冒頭にヒッチコックのオリジナル映像が流れたので、続き感がありすーっと入れた。

                 

                精神的に異常だったことから病院に収容されていたノーマン・ベイツが普通の暮らしをするところから始まる。

                 

                内容はかなりミステリー要素を強くしてあるので最後まで引っ張られた。

                 

                3もどんな風に展開するのか観てみたいなあ。

                 

                監督は主演のアンソニー・パーキンスだし。

                 

                 

                本作品で医者役をしているのがロバート・ロッジア。

                 

                見たことある役者だと思っていたら本作品と同じ1983年の名作であり大好きな『スカーフェイス』のロペス役だった。

                 

                アル・パチーノ演じるトニーが仕えるボス役だ。

                 

                そんなことも含めて観れて良かった。

                 

                BOBI

                category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                『第三の男』

                2019.08.12 Monday 20:49
                0

                  JUGEMテーマ:映画

                   

                   

                  傑作と言われている作品は観たいと思いながらも、沢山あってなかなか消化できない。

                   

                  これはフィルム・ノワールの代表作。

                   

                  フィルム・ノワールとはフランス語で直訳すれば「暗い映画」である。

                   

                  1940〜50年代の悲観的・退廃的な犯罪映画で、白黒が多く影やコントラストを使った演出が特徴的。

                   

                  セリフも説明的なものが無く、映像を見て考え次のシーンで「なるほど」と紡いでいく鑑賞が心地良い。

                   

                  『市民ケーン』のオーソン・ウェルズがパッケージの顔にもなり出演と知っていながら、すっかり忘れてしまっていて、登場した時にはやはり名優、強いインパクトでその後の演技にも迫力がある。

                   

                  そうして観ていると、マーロン・ブランドはオーソン・ウェルズ路線なのかと感じた。

                   

                   

                  第二次世界大戦後のウィーンが舞台で、友達から仕事の依頼を受けてアメリカから来た小説家が家を訪ねると前日に交通事故で亡くなったと聞く。

                   

                  しかし、その事故の証言に食い違いを感じた小説家が調べていくと一人の怪しい男が浮かび上がるというミステリー。

                   

                   

                  音楽やカメラワークなども物語を効果的に運んでくれる。

                   

                  アントン・カラスのテーマ曲はエビスビールのCMで使われ、JR東日本恵比寿駅の発車メロディである。

                   

                  昔の映画は芸術的で好きだなあ。

                   

                  1949年のイギリス映画で、キャロル・リード監督はカンヌ国際映画祭でパルム・ドール賞受賞。

                   

                  BOBI

                  category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                  34年振りに

                  2019.08.04 Sunday 16:02
                  0
                    マーベリックが帰ってくる。



                    本当に面白かった『トップガン』の続編。

                    残念なのは、メグ・ライアンやケリー・マクギリスが出演しないこと。

                    アイスマン役のバル・キルマーは出演ということでなにより。

                    なんでも、飛行シーンはトム本人というので、またもやスタントマン並みの演技。

                    どんな教官の姿で、スクリーンを暴れまわるのか楽しみ。


                    しかし、今日も熱い。

                    37度を越している地区がいくつもある。

                    暴れ回らずじっとしてるのが懸命。

                    BOBI
                    category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                    『カニバ』

                    2019.07.28 Sunday 23:45
                    0


                      事実は小説よりも奇なり。

                      パリ人肉事件の犯人である佐川一政のドキュメンタリー映画を観てきた。

                      実弟の介護を受けながら生活しているようだが、ナレーションはもちろん説明的なものが無い。

                      映像もほとんどがクローズアップ、それもぼやけさせるといったもの。

                      引きで映すことで色々と説明的効果があることをあらためて知った。


                      佐川一政本人は小説とか書いているようだが、本編でも紹介される「まんがさがわさん」に興味を持ったので、鑑賞後に調べたら、復刻版が出ていたけどもちろん完売、オークションでも高額という始末。

                      もっと調べないと分からないが、植物や動物も好きだった子供の時代があるから、美しいものが好きという芸術的嗜好はあったのか。

                      何とも言えないが、考えさせられる。

                      大分引きずりそうだ。

                      BOBI
                      category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                      Calender
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM