『女生徒』

2018.02.19 Monday 12:15
0
    女性作家が書いてると感じてしまう、本当に太宰治はすごいなぁ。

    父を亡くして母親と二匹の犬、一匹は足が不自由、と暮らしている女生徒の朝から夜までの一日。

    自身、家族、世間に対してだったり、大人になる不安などの心情を今を必死に生きている中で表現している。

    それは執筆された80年前も今も変わらない普遍的なものだろう。



    決して刹那主義ではないけれども、あんまり遠くの山を指さして、あそこまで行けば見はらしがいい、と、それは、きっとその通りで、みじんも嘘のないことは、わかっているのだけれど、現在こんな烈しい腹痛を起こしているのに、その腹痛に対しては、見て見ぬふりをして、ただ、さあさあ、もう少しのがまんだ、あの山の頂上まで行けば、しめたものだ、とただ、そのことばかり教えている。きっと、誰かが間違っている。悪いのはあなただ。


    ドキっとした。

    BOBI
    category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

    あたたかいところ、冷たいところ

    2018.02.18 Sunday 09:20
    0
      電車の中はポカポカで寝るに最適。



      失うものがあってもいい。


      ヒヤヒヤな川は澄んでて綺麗。



      いっぱい獲物がいる。


      今日も良き一日を。

      BOBI
      category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

      『富嶽百景』

      2018.02.17 Saturday 21:45
      0
        太宰治の短編を続けて読んでます。

        小説というか随筆なのかな。

        井伏鱒二を訪ね、富士山が絶景である御坂峠の茶店の二階に住んで、見たり感じたりしたことを書き連ねている。

        富士山の頂角が、広重は85度、北斎は30度などと始まり、「あらかじめ憧れているからこそ、ワンダフルなのであって」という考えたりと、面白い。

        そう、最初、太宰自身はそこから見える富士山を好きではなく、銭湯のペンキ絵だという。

        真ん中に富士があってその下に河口湖、ああ、たしかに湯に浸かって見慣れているぞ。

        二度、富士山に登ったことがあるが、そういう見事な全景は見たことがない。

        東海道五拾三次よろしく、日本橋から京都三条大橋まで歩いたときに静岡で見えたそれも違う。

        今年は正月に南房総にサーフィンしに行き、そこから富士が見えた。

        いろんな顔を見せてくれる。


        話は小説に戻るが、最後には太宰氏は感謝しているようだ。


        また富士山登りたくなって来た。

        BOBI
        category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

        やっぱりCHANTI

        2018.02.16 Friday 21:50
        0


          毎日でも飲める、一番口に合う、大好きな赤ワイン。

          ぶどうがイタリアはトスカーナ州のサンジョベーゼ種、きっとこの品種が好きな味なんだと思う。

          だから、イタリアワインにはバローロ、バルバレスコとあるが、自分の最高峰はサンジョベーゼ種を使った「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」

          もちろん飲んだことのないフランスのシャトー何とかとか美味いのはあるんだろうけど、自分で飲める中ではね、もちろん、ブルネッロだって高いんだけどね。

          ワインはやっぱり気楽に素敵なテーブルで楽しく飲みたいからね。

          まあ、根本的に口に合うのが一番良い。


          昔トラッテリアでカメリエーレ(ウェイター)として働いていた店が、今はリストランテになっているが、そこで、お客さんが残してくれたワインをまかないの時に味見をした。

          そう、良いお客さんはスタッフのために飲み切らずに終える。

          そうやって飲み比べた時に、ブルネッロがめちゃくちゃ美味いと感じた。


          いつも美味しいものだとその価値が分からなくなるから、本当に何かある時にブルネッロ、そうでないけど素敵な時間にはキャンティ、ちょっと余裕があればクラシコ、って感じ。


          最近は白も美味いなぁと思うようになった。


          飲みすぎないようにして、酒とは付き合っていかないとね。

          BOBI
          category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

          『キングスマン:ゴールデン・サークル』

          2018.02.15 Thursday 21:30
          0


            オープニングに流れてくるのはジョン・デンバー「カントリー・ロード」

            どこの国にも属さないスパイ、イギリスの紳士服店が本部のキングスマンは今回はアメリカのドラック帝国と戦う。

            同じイギリスの『007』とは違ってポップでユーモア、でも、アクションなどキレキレでスタイリッシュな作品。

            エルトン・ジョンがバカやっちゃうんだから、イギリス国民の支持が大きいんだろうなあ。


            コリン・ファースもタロン・エガートンもカッコいいし、ジェフ・ブリッジスも渋く、ハル・ベリーも良いけど、なんていっても今回はジュリアン・ムーアに惹かれました。

            こういう悪役で観たことないんだけど、いい雰囲気を醸し出してるんだよね。


            一作目はDVDで映画館で観るべきだったと悔やんだので、今回は大きな画面で楽しめた。

            007をジェームス・ボンドのショーとすると、こちらは三銃士のようにチームプレイな感じがする。

            かなり娯楽なので、ビール飲みながらとかがオススメかな。


            余談だが、この冬、流行ってるアウター「CANADA GOOSE」、この映画でも出てくる、それもダークカラーじゃなくて。

            BOBI
            category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

            あたたかい

            2018.02.15 Thursday 09:55
            0
              今朝いつもと違う感覚でいると、梅の花が咲いているのを見つけた。



              いつからだろう、もう咲いていたのかな。

              冬の柑橘に混ざっての開花は冬から春を表してくれている。

              BOBI
              category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

              水神湯

              2018.02.14 Wednesday 20:05
              0
                千葉、八街から戻ってきて大森へ着き、身体を温めリラックスをと銭湯へ。



                ん、看板は? 名前は?

                と探してみても無く、ここに!



                初めての入浴でしたが、一言で語るとなると、

                熱い!

                44度!

                水風呂は無いけど地下水が冷たくシャワーが心地良い。

                ボディシャンプー、リンスインシャンプーがあるのでタオルしか持ってなかったのでタオル一つの僕にはラッキー。

                大森駅から徒歩10分で並びに畳屋がある昭和テイスト。

                なんていったって薪で沸かしてますから!

                いつまでも続いてください。

                BOBI
                category:風呂 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                垣根が消えていく

                2018.02.14 Wednesday 18:15
                0

                  11度目の知的障害者支援センターでのコミュニケーション・ワークショップは人数が多いので2つに分けて行うことになり、最初のクラスは興味深かった。

                  利用者6人、施設のスタッフ2人、そこに介護の実習生が1人、加えて、一般の方2人。

                  一般の方が参加するのは初めてのことで、どうなっていくのか、不安も無いとは言えないが楽しみだった。

                  「受け入れる」

                  これをみんなが実行してくれて、笑顔が溢れた素敵な時間だった。

                  何回も繰り返して来た障害者の方々が、一般の方よりも集中出来ていた瞬間もあった。


                  後半のクラスはいつものように障害者の方が8人にスタッフ2人、実習生が1人で前半と同じ11人。

                  しかし、このクラスには言葉を発しない参加者がいる。

                  いつも彼がいることでプログラムをその場で色々考えて来た。

                  でもそのたびに他の参加者が助け舟を出してくれたりして、僕も発見、学びをして来た。

                  今日は前半と同じことをしよう、彼のことを気にせず、ただ、彼が参加出来るようにとは考えた。

                  そして、起きることをそのまま流れに任せてみた、受け入れる。

                  すると新しいアプローチが生まれた。

                  結果、前半と同じ内容を行うことが出来た。

                  彼に合わすことではなく、彼がどうやったら一緒に進めるかを考える、これが大事なんだ。


                  最後にみんなからコメントをもらった。

                  いつも時計回りで聞いていくんだけど、僕の左横、つまり時計回りで行くと一番目にその喋らない彼がいたので、あえて右隣から時計と反対周りで行った。

                  最後は彼、そこに来るまでに彼は携帯にコメントを打ってくれていた、そして隣のスタッフに渡し、代わりに呼んでくれた。

                  「久しぶりに参加したけど、疲れた」

                  笑顔だった。

                  ありがとう!


                  僕は完璧を求めるタイプだが、こうして即興に出会ってから、「受け入れる」を自分自身に投げかけながら、人に学び、人に感謝をしている。

                  運命ってこういうもんだね。


                  そういえば、今日はバレンタイン、参加者から手作りのチョコレートいただきました。



                  ありがとう。

                  BOBI

                  category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                  余裕は美味い

                  2018.02.14 Wednesday 11:08
                  0
                    いつもかき込んで電車に飛び乗り、あと一本早いのに乗って来れれば、ちゃんと食べれたのに、と悔やんで品川を離れていっていたが、昨夜から計画、そんな大袈裟ではないが、を立てていたのを忘れずに家での準備を早く済ませて、一本どころか二、三本前に乗り、余裕の乗り換えをし、13番ホームへ到着は出発の20分前。



                    かき揚げそば、440円。

                    ここの味は東京のそば、それも立ち食いそばで育った者には、少なくとも僕は小学校低学年からなので変わらぬ郷愁と旨味がある。

                    濃くてしょっぱい。

                    北から上京するものが多かった歴史なのだろうか、そんな見た目や味はどこも一緒だった。

                    関西や南の方からそれが変わってきて、最近では色も味も薄くなってきて、こういう店を探すのが大変になってきた。

                    それと、黒に近い灰色をした麺、これも立ち食いそばでしか味わえなかった食感を与えてくれる。

                    つゆ、麺、調理人の手さばき、カウンターの雰囲気と、見事な店である。

                    そういうわけで、最低でも月に一回、障害者支援センターに通う日は必ず食すようにしている。

                    乗り換えで品川を使う時は腹のタイミングで食す。

                    たまにしかとなることでより美味さも増す。


                    作ってくれる女性もいつも同じ人で、手際は良く、温かい言葉をかけてくれる、ホーム内のホームだ。


                    今日はどんな参加者と発見と失敗が生み出せるのだろうか。

                    BOBI
                    category:フード | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                    『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

                    2018.02.13 Tuesday 17:57
                    0


                      やっとなので、IMAX3Dで観ました。

                      メジャーになり過ぎるのは観ないので、ハリーやカリビアンなども1話でやめていたりするんだけど、子供の頃に観ているので、これは別格。

                      IMAX3Dも『アバター』で席がなくてしょうがなく一番前の一番端に座って観たら気持ち悪くなったので、それ以来敬遠していたが、今回は真ん中辺りだったのでとても快適に、というより迫力があって最高でした。

                      内容も面白かったのでIMAX3Dで鑑賞はお金かけた分以上に楽しめました。

                      内容に関してはネットでいろいろ盛り上がっているので興味ある方はチェックしてみてください。

                      最初から何度も目頭が熱くなるシーンが多かったです。


                      僕がいつもインプロや演技などを教える時に必ず言っている「失敗は財産」と似ている「失敗は最高の師」とあったのが印象的。

                      公立小学校ではブランド服の制服が話題になってるが「服育」とかわけのわからないことよりも、こういう映画で人生を教えてあげる方がお金も安く、なによりも心と頭を豊かにしていくんだと思う。

                      映画は僕の師です。

                      BOBI
                      category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • いつからでも発見、スタート
                        BOBI
                      • いつからでも発見、スタート
                        石毛
                      • 初日開きました!
                        BOBI
                      • 初日開きました!
                        なるこ
                      • ライフ・ラザフォーズ
                        カズ
                      • ライフ・ラザフォーズ
                        カトチャン
                      • 『天泣に散りゆく』
                        BOBI
                      • 『天泣に散りゆく』
                        イチ
                      • Where
                        井村健司
                      • 一日早く直巳に
                        井村健司
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM