『つしま2』

2019.07.19 Friday 11:53
0
    評価:
    おぷうの きょうだい
    小学館
    ¥ 1,080
    (2019-05-27)

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    以前、知人に貸してもらって楽しかった作品の続編が出たそうで、また拝借。

    三匹の猫と暮らす自称「じいちゃん」のおばちゃんとのゆる〜い日常。

    猫の心理が描かれていて、ほんわかしている中にちょっと切なさがあったり。

    2は現代を切り取ってもいるのでこんな一コマも。



    猫好きな方は是非。

    BOBI
    category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

    川島雄三

    2019.07.18 Thursday 19:19
    0

      JUGEMテーマ:読書

       

      2012年12月17日に観て最高傑作とこのブログに書いた『幕末太陽傳』の監督は藤本義一の師匠でもあることを知った。

       

      今村昌平監督は助監督についた川島雄三氏の弟子の一人だが、作家である藤本氏もそうだとは。

       

      どうしてそういう関係になったのかは、本当に運命ってちょっとしたボタンの掛け合いなのだろうと『生きいそぎの記』を読んで感じた。

       

      45歳で亡くなる監督に死んだら監督の小説を書きますと言って10年後に書いた。

       

      藤本氏が監督と過ごした24から27歳の四年間がどれだけ濃密な時間で、氏に影響を与えたのかが分かる。

       

      この作品集には最後に『下北半島・川島雄三映画祭』で藤本氏が講演した内容も載っていて、『生きいそぎの記』の解説のように読めて興味深い。

       

      「活動屋」と呼ばれる人たちがどれだけ熱気に溢れ生という力が漲っていたかが想像できる。

       

       

      川島監督に藤本脚本の映画『貸間あり』を観たいとTSUTAYAを調べたが在庫が無かった。

       

      探して観て観たい。

       

      BOBI

      category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

      『下座地獄』

      2019.07.17 Wednesday 21:55
      0

        JUGEMテーマ:読書

         

        藤本義一作品を続けて。

         

        またも芸事で、天才三味線弾きの女の悲劇。

         

        下座とは歌舞伎で囃子方が観客に姿を見せずに演奏する場所。

         

        少女から女になり、男に尽くして漫才も始めるが捨てられる。

         

        前回の作品同様に壮絶な人生。

         

        満たされている現代の世の中、生きていくということがどれだけ必死なことなのかを考えさせられる。

         

        BOBI

         

         

         

         

        category:小説 | by:bobi kazunaricomments(1) | -

        自分ファースト

        2019.07.16 Tuesday 21:01
        0
          日韓問題も含め、良くない傾向だ。

          アメリカを再び偉大な国にする、は他の国も自分の国を一番にしようとなっていく。

          すなわち、俺が一番に、という考えに。

          それでなくてもデジタル化のコミュニケーションの影響で、人のことを考えない、気にしない、という流れ。

          今日みたいに雨とか降っていると、満員電車の中で自分の目の前のスマホに夢中で、持っている傘が隣の人に当たっていることとかに気づかない、なんてことがある。

          一番になりたいのは分かるし、良いことでもあるが、それは心の中にあった。

          今週は参院選。

          雨と葉っぱのように、政治と人が花を咲かす関係になる世の中を望む。



          BOBI
          category:世の中 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

          まだまだ学生

          2019.07.15 Monday 20:30
          0
            今日のクラスも元気いっぱい。

            しかし、遊びの感覚が授業の認識より優っているようで、私語やだらけた態度が目立つ。

            その都度注意をする。

            社会に出たら通用しないことを少しでも感じていってほしいから。

            就職するまでの二年間に少しずつ自覚を持っていってもらえれば、働き出してからのギャップも小さくて済む。

            教えることは継続であり忍耐でもある。

            愛情を伴った。


            BOBI。
            category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

            世代

            2019.07.14 Sunday 23:58
            0
              30年来の友達と語る。

              知っているようで知らないことがたくさんある。

              出会う前の小さい頃の共通項で盛り上がる。

              世の中で子供が楽しいと思ったことはほぼ同じだったりする。

              今は多様で、それぞれが様々なものを好んでいる。

              それは良いことでもあるがちょっと寂しかったりするかなぁ。

              何度会っても発見がある友達に出会えたことを感謝。

              BOBI
              category:友人 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

              『贋芸人抄』

              2019.07.13 Saturday 22:47
              0

                JUGEMテーマ:読書

                続けて藤本義一作品。

                『鬼の詩』と同様、芸人の物語だが、今度は漫才師。

                憧れた漫才の師匠につくのだが、師匠のそっくりさんとして、本人の代わりで漫才をすることになる。

                それは喜びでもあるが自分の芸が認められたわけではない。

                結末は壮絶だが、氏の作品は前作も同様、生きる迫力が凄い。

                時代背景もあるが、生半可な人生を送らない主人公を含めた人間たち。

                華やかな裏側は醜さに溢れている。

                血が動き出す。


                BOBI

                category:小説 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                卒寿

                2019.07.12 Friday 21:30
                0
                  少し遅れて父の誕生日を祝う。

                  90歳。

                  その姿を見ていると本当に人生100年ということに実感を持てる。

                  昔には出来なかったことが、今、素直に接することが出来る。

                  感謝の意を持って。

                  人を理解するのにこんなにも時間がかかるものなのだろうか。

                  生きていてくれて感謝。

                  100歳まで生きて欲しいと今は思える。

                  願う。

                  BOBI
                  category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                  早口言葉

                  2019.07.11 Thursday 22:09
                  0
                    コミュニケーション話法という授業名なので喋ることもちょっと強化。

                    滑舌を意識してもらうために早口言葉を言ってもらうトレーニングを行った。

                    不得意な人はいる。

                    でも、出来なくて構わないと伝える。

                    気付いてもらえれば十分。

                    働き出したら、人と話をするサービス業だから、言いたいことがちゃんと相手に伝わらなければ意味がない。

                    そこにははっきりとした口調も求められる。

                    今までは親、友達といった知っている者とだったが、今後は初めて会う他人と話すことになる。

                    そのときに通用するように、今から少しずつでいいから改善していって欲しいと思う。

                    授業で教えることはどれでもそうだが、おれが教えたからやってすぐに成果は出ないことが多い。

                    自分で練習して何度も経験を積んで身体に染みつかせていくものだ。

                    みんな失敗して、みんなで笑って讃える。

                    素晴らしい仲間たちとの時間。

                    来週もチャレンジが楽しみだ。

                    BOBI
                    category:学校 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                    お日様が待ち遠しい

                    2019.07.10 Wednesday 12:28
                    0


                      少し明るい空の中、千葉にワークショップを行うため東京を出た。

                      一時間も経つとまた曇り空。



                      佐倉駅を過ぎた。



                      何か野菜を収穫している。

                      今、日光不足で高騰している野菜が増えているという。

                      去年の梅雨は短かった(はず)。

                      子供の頃の今の時期は毎日晴れて暑くて早く夏休みになれって思っていたはず。

                      お日様、そろそろお出ましになってください。

                      BOBI
                      category:福祉 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM