『ブラック・スキャンダル』

2016.08.30 Tuesday 23:14
0

    JUGEMテーマ:映画

     

    ジョニー・デップの演技が絶賛されている宣伝だったが、俺はアメリカの犯罪組織とFBIということが興味を持った。

    ジョニー・デップということでハリウッドの娯楽映画として観たらつまらないと思うかもしれない。

    派手なアクションとか、奇想天外なストーリー展開ではない。

    現在も生きている実際のギャングを中心に国会議員と警察が共謀して権力を使いボストンの街を牛耳る話。

     

    ギャングスターのバルジャーをジョニー・デップが演じるんだけど、調べてみると良く似てる。

    本人に会おうとしたが断られたらしい。

    しかし、こういう狂気とか何かを秘めている役柄は本当に素晴らしい俳優だと思う。

    『シザーハンズ』や『チャーリーとチョコレート工場』などのファンタジー的なキャラクターをはじめとして非現実な役など演じている時も、そのメイクなどの内側から心が染み出してくる。

     

    そういえば、彼がFBI役を演じた『フェイク』も良かったなあ。

    マフィアに潜入捜査する話で、どんどん悪になっていく演技が見事。

    それを信じて部下にしているマフィア役のアル・パチーノで最高です。

     

    とにかく、ジョニー・デップという役者は魅力的。

    それを見出したニコラス・ケイジも良いしね。

     

    個人的に実際のギャング・ストーリーの映画化ではやはりだんトツで『グッド・フェローズ』かな。

     

    BOBI

    category:DVD | by:bobi kazunaricomments(0) | -

    今夜も19時!

    2016.08.29 Monday 17:53
    0

      はっきりしない天気ですね。

      予測不能なのは僕の番組も同じです。

      今日はどんな内容になるのか?

      あなたのコメントが全てを握っています??




      視聴はこちらから
      https://abemafresh.tv/conect/34230

      BOBI

      category:『BOBIの即劇Night』 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

      『ゲット スマート』

      2016.08.28 Sunday 22:39
      0
        評価:
        ---
        ワーナー・ホーム・ビデオ
        ¥ 927
        (2010-04-21)

        JUGEMテーマ:映画

         

        ちょっと笑いが欲しくなり鑑賞。

        以前に観たことがあるんだけど、なぜか今回の方が笑えた。

        どんなものでもそうだろうけど、その時の自分と関係するよね。

         

        これは今はコメディでは大活躍のスティーヴ・カレルと『プラダを着た悪魔』で一躍スターに登ったアン・ハサウェイのスパイ映画。

        で、コメディ。

        スティーヴの顔がアンの髪で隠れているジャケットからそれは伝わる。

        どんな俳優でもコメディが出来るって一つ抜けてるって気がする。

         

        本人たちが真剣に目の前に立ち向かっているのが滑稽という、俺の好きなタイプの笑い。

        昨日のよさこいもそうだけど、笑顔って今一番必要な気がする。

         

        BOBI

        category:DVD | by:bobi kazunaricomments(0) | -

        けやきフェスタ2016『よさこい in 府中』

        2016.08.27 Saturday 23:48
        0

          知り合いに声をかけていただき、今日はよさこいの進行役で府中です。

          あいにくの雨ですが、みなさんの踊るパワーで元気が振りまかれました。

          台風も少しは遠ざけたかな。

           

          ハッピースマイル賞をいただきました。

           

          あの雨の中、濡れながら笑顔を振りまくみなさんに脱帽です。


          BOBI

          category: | by:bobi kazunaricomments(0) | -

          『八つ墓村』

          2016.08.26 Friday 23:17
          0

            寅さんを観てきて、そういえば、渥美清扮する金田一耕助がある!と気持ちが引っ張られて鑑賞。

             

            話自体が面白いので、何回も作られてきている中で、これは野村芳太郎監督、萩原健一、小川真由美主演の松竹バージョン。

             

            場所は岡山のある田舎の村。

            戦国時代に八人の落武者が地に着き、村人に殺され、その怨念があると言われる八つ墓に起きる殺人事件。

            財産を目当てに人が死んでいくんだが、原作は昭和13年に起きた津山殺人事件をモチーフにして横溝正史が書いた。

             

            金田一耕助といったら、市川崑監督『犬神家の一族』の石坂浩二、テレビシリーズの古谷一行という中で渥美清というのも興味深いが、落武者に夏八木勲、田中邦衛、村の分限者に山崎努、姉に市原悦子という個性派が揃う。

            学校長が下條正巳で、金田一耕助が話すシーンは『男はつらいよ」のおいちゃんと寅さんだし、萩原健一の子供時代は吉岡秀隆というのも、まあ、松竹だからしょうがないだろうけど、こちらは楽しい。

            また、その下條正巳の息子、下條アトムも交番の警察官として出演している。

            ほとんど顔が見えない役で風間杜夫、となかなか見る楽しみが散りばめられている。

             

            いろいろな楽しみ方がある映画。

             

            BOBI

             

            category:DVD | by:bobi kazunaricomments(0) | -

            『スーサイド・スクワッド』

            2016.08.25 Thursday 23:27
            0


              ジャパンプレミア行ってきました。

              東京国際フォーラムAがデカすぎて、ウィル・スミスが小さい!



              この映画、アメリカのDCコミックの悪役ばかりが集まったポップなアクションストーリー。

              今まではスーパーマンやバットマンなどのヒーローが取り上げられた作品がDCコミックの映画化だったが、彼らの敵が一つになるので、これから先にいくらでもスピンオフというか視点を変えた物語がいっぱい出来ていく。
              実際、2020年まで公開予定の作品が決まっている。

              いろいろ詰まっているので、より楽しむにはあらゆるDCコミックを知った方が良いだろうけど、この映画だけでも十分楽しめる。

              ジョーカーが出てくるが、ジャック・ニコルソンのより、ヒース・レジャー的かな。
              なかなか、また個性的でした。

              ハーレイ役のマーゴット・ロビーがキュートでヤンキーで魅力的。

              あと、日本人の女性、福原かれんさんも出てます。

              その女子二人とウィル・スミスが舞台で挨拶をしたが、楽しそうな三人でした。

              映像にお金がかかっているだけあって迫力あります。

              個人的には音楽が良かったなぁ。
              懐かしい70年代や80年代が現代とミックスされていて心地よく懐かしい。

              色とかも良いね。

              ルックスは怪物的な登場人物もあるが、人間の愛も横たわっている。
              9月10日ロードショーです。


              司会が赤坂泰彦さんだったのに驚いた。昔、『夜もヒッパレ』で目の前で見ていた姿を懐かしく思い出した。
              相変わらず気持ち良い。


              連れてってくれたTに感謝。

              BOBI
              category:映画 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

              少しの晴れ間

              2016.08.24 Wednesday 18:01
              0
                台風に振り回されている日本の天気。

                東京は今日は晴れ間が広がる。



                さあ、これからワークショップで晴れた心に!

                BOBI

                『男はつらいよ 寅次郎紅の花』

                2016.08.24 Wednesday 00:51
                0

                  JUGEMテーマ:映画

                   

                  ついに最終話です。

                  もともと50作で完結予定だったが、これはこれで終わりとして成り立っているから素晴らしい。

                   

                  シリーズも後半は満男(吉岡秀隆)と泉(後藤久美子)の話が大きくなってきているので、この二人の展開もドラマティックとなる内容で、それと同時に寅さんとリリーの行く末が気になる作品。

                  最終作なので、他の話、47作品を全部観てからとは言わないが、ある程度観てからオススメします。

                   

                  ストーリーはみなさんで楽しんで欲しいのであまり書きませんが、最初は、阪神・淡路大震災のボランティアをしている寅さんから始まります。

                  そう、上映されたのは1995年1月17日の震災があった12月なんです。

                  現地からロケ地の要望があったが、喜劇とミスマッチではないかと山田洋次監督は悩んだそうですが、「パンの製造・販売をする障害者の作業所」の夫妻から来た手紙で「寅さんならたまたま立ち寄った神戸でボランティアしてもおかしくない」と考えて撮ることにしたそうです。

                  こういうところがすごいです。

                  撮影した時の街の風景は被災後のままだったりしていたし、ニュース映像を使ったりと、災害の現実を広く伝えています。

                  また、これには当時の首相村山富市まで出演していて、寅さんが「村ちゃん」と呼んでいるのも粋である。

                   

                  このときは渥美清さんの癌は肺にまで転移していて医者からは無理と言われていたのを押してやったそうです。

                  最後の最後まで車寅次郎ですね。

                   

                  リリーの浅丘ルリ子さんは寅さんの具合を見て最後かと感じたらしく、監督に「リリーと寅さんを結婚させて」と言ったそうですが、先に述べたように50作まで決まっていたので……

                  これも結末になるので伏せておきます。

                  でもとっても素敵なお話です。

                  もちろん、これで終わりと思うと寂しいですが。

                   

                  どの話から観ても楽しめる、そんな映画を48本も作った松竹に、山田洋次監督及びスタッフとキャスト、そして、車寅次郎こと渥美清氏に心から感謝いたします。

                   

                  BOBI

                  category:DVD | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                  『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』

                  2016.08.23 Tuesday 21:20
                  0

                    JUGEMテーマ:映画

                     

                    特別篇ということで再度上映されたのはシリーズでもこの1作品ということからも最高傑作ということが分かる。

                    何が本来の25作目と違うかというと、最初と最後に満男の回想が入っている。

                    そこには寅さんをCGで復活したシーンもある。

                    最終作48作目の後という設定であろう。

                     

                    共鳴する境遇、性格で結婚に限りなく近づいたリリーとの話は沖縄が舞台となる。

                    それはリリーが病気で入院をしていることを知って、嫌いな飛行機に初めて乗って寅さんは病院へ訪れる。

                    それから看病をしていくと、すっかりリリーは元気になり、一緒の時間を過ごす中でお互いの距離も近づいていく。

                    だが……

                     

                    まあ、観てほしいね。

                     

                    テクニカルなことを挙げると、冒頭のシーンで、寅さんが「兄やん」と呼ばれる飲み友達と店を出た後に映る小上がりの画がいい。

                    少しくっついて、ちょっと離れているどこにでもある紺色に柄が入った薄い座布団。

                    まさに寅さんとリリーを表していてこれからの展開に期待させてくれる。

                    こういう演出が山田洋次監督の素晴らしいところだ。

                     

                     

                    みんなと揉めて、出て行こうとしとときに読んだリリーからの速達で、沖縄に行くことになったときにみんなが行く方法を考え始める。

                    さっきまで喧嘩していたのに。

                    こういう何かあったときに無意識に一つになるところが身内という愛である。

                    表面ではなく芯で繋がっている素敵な家族。

                     

                     

                    主題歌の話だが、渥美清が亡くなったあとの作品なので、八代亜紀が歌っていて、これもまた味がある。

                     

                    BOBI

                    category:DVD | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                    今日も楽しく

                    2016.08.22 Monday 22:53
                    0

                      素敵な時間をみなさんと作ることができました!



                      『BOBIの即劇Night』はみなさんのコメントが命です!

                      今後ともよろしくお願いいたします!

                       

                      観逃した方はこちらから→https://abemafresh.tv/conect/32965

                      BOBI

                      category:『BOBIの即劇Night』 | by:bobi kazunaricomments(0) | -

                      Calender
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << August 2016 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM